あなたの欲求不満度はどれくらい? 簡単診断テスト

ad

 

【1】人妻が欲求不満という都市伝説の真相…

男性向けコンテンツでありがちなのが、人妻が欲求不満でそういう関係に至ってしまうこと。男性は、間柄によって興奮を覚える傾向があることが指摘されているため、背徳感を覚えるのでしょう。

しかし、なぜ人妻が欲求不満だと思われているのでしょうか。主な理由としては、男性から求められなくなることによる寂しさや、性欲のピークのずれによって解消されにくくなる性欲の問題、子育てなどによるストレスが要因となっているようです。

確かに、環境要因から見れば欲求不満に陥りやすいと考えられますが、必ずしも人妻が欲求不満というわけではありませんし、夫婦円満に過ごしている家庭もあります。

ad

 

【2】欲求不満度はどれくらい? 簡単診断テスト

欲求不満の場合に、行動に出てしまっていることが多かったり、性格的に陥りやすいタイプの人がいたりします。

そこで、欲求不満度を測る簡単診断テストとして、欲求不満に陥りやすい特徴をご紹介します。

(1)チョコレートが好き

チョコレートには興奮作用があることが言われています。そのため、エッチ中に食べると大変なことに……。

人によって効果のほどはまちまちだと思いますが、感度が上がってパニックに陥ってしまう人もいるのだとか。

そのため、満たされない気持ちから、類似体験できるチョコレートを摂取するという指摘もあります。

(2)パートナーから愛を感じにくい

付き合いが長くなって見向きもしてくれなくなった、いつも都合の良い相手扱いされるなど、パートナーからの愛を感じにくい状況にあると欲求不満になりがち。

中には、男性と女性の愛情表現の違いを知らないために、愛情表現に気づいていないケースもあります。例えば、記念日にお祝いしたがるのは女性の傾向としてありますが、男性の多くは、日常の通過点で、特別祝うものではありません。

当たり前に一緒にいると思うからこそ、忘れてしまうこともあります。特に愛されたい欲求が強い人は、パートナーが愛を注いでも満たされにくいため要注意です。

(3)人の気を引きたくてわざと病み投稿をしてしまう

人の気を引きたくて、SNSでわざと病み投稿をしてしまうことがあります。「大丈夫?」と声をかけられることで安心してしまうのです。

人によっては、本当に辛くてはけ口にしている人もいますが、人からの反応を求めてオーバーに行っている自覚がある人は要注意。

承認欲求はなかなか際限がありませんが、認めて欲しい思いを恋人にいつまでもぶつけてしまうことが多いです。

(4)ストレス発散で暴食しがち

ストレスと欲求不満は相関があることが言われています。

そのため、ストレスのある職場にいる人は環境的に欲求不満に陥りやすいと言えます。

特に、性と結びつきが高いと言われている食でストレス発散をしている人は、食で欲求を満たそうとしているのかもしれません。

しかし、多くはダイエットしなければならないストレスなどで、負の連鎖にはまりがちです。

(5)口さみしくて物を入れたり、唇をよく舐める

心理学でよく言われることですが、親からの愛を十分に感じて受けてこないと口さみしいと感じたり、唇を舐めてしまうことが多いです。

そのため、常に口の中にタバコや飴を含んでいないといけないタイプは、強く愛を求めるために欲求不満になりやすいです。

特に唇は、性的なことをするパーツでもあるので、そこを舐めている人は無意識に性的なことを連想してしまっているのかも……。

(6)爪を噛む癖がある

手は口ほどにモノを言うと言いますが、ストレスが多いと爪を噛む人がいます。

また、爪を噛むのは不安や不満の表れ。パートナーがいるのであれば、愛されているか不安を感じていたり、夜への不満を募らせていることが多いです。

そう言った思いを伝えられずにいると、自分を傷つける行為として噛んでしまうと考えられています。

(7)彼の息子や彼女の胸に名前をつける

常に頭がピンクな人にありがちなのが、パートナーの性的な部分に名前をつけてしまうと言うこと。

性欲が強い人に多いように感じます。

彼と欲求の差が大きく開いてしまったり、能力的な意味で何回もできない人と付き合っていると、常に欲求不満になってしまい、悩まされるかもしれません……。

ad

 

【3】まとめ

欲求不満に陥ると、ストレスに陥ってしまうため、負の連鎖に陥りがちですよね。

こまめに、一人エッチや少女漫画を読んで心を満たすことで、解消していくことが重要になるかもしれません。

(Amy/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です