名言や歌詞など…みんなが失恋から立ち直った方法を聞き込みしてみた!

トランスジェンダーの恋愛の感覚

大切な恋愛であればあるほど、それがうまくいかずに失恋したときの痛みは大きいものです。

そこで、失恋から立ち直る方法を聞いてみました。

 

【1】失恋の寂しさを他の男性で埋めるのはダメ!

失恋すると投げやりな気持ちになったり、恋人で満たされていた心がぽっかり空いてしまい、それを埋めようとしてしまったりします。特に最近は職場恋愛が増えていますが、職場や学校なら顔を合わせる機会も多いので、とても辛いですよね。

辛さのあまりに、他の男性と関係性を持ってしまったり、とにかく新しい恋愛を始めようとすることも多いでしょう。しかし、冷静でない状況の時に関係性を築いてしまうと、後々後悔することが多いです。

また、付き合う相手に関する判断も鈍くなっているため、失恋の気持ちを残したままする恋愛は失敗することが多いと言われています。

 

【2】みんなに聞いた…失恋から立ち直る方法

失恋の辛さを紛らわすと良くない方向に行きがちのようです。

そこで今回は、交際する以外の方法で失恋から立ち直るためにみんながしていることを聞き込みして、多かったものをご紹介します。

(1)名言や歌を聴いてとにかく泣く

失恋に関する名言集というのはとてもよく出ています。例えば、アメリカ女優で作家でもあるスザンヌ・サマーズさんが残したとされている「すべての出来事には意味がある。生きていくことというのは、その意味を理解することです」という言葉は、終わってしまった彼との恋にも意味があり、次のなにかにつながって行くような意味に受け取れます。

また、同じくアメリカのジャーナリストのフィリス・バッテルさんが残したとされる「失恋があるからこそ、人生は素晴らしくなるもの。ただし五年先の話になるのだけれど」という格言は、先の見えない未来に光が射すように感じます。

こういった名言を聞いて共感して涙したり、励まされる人が多いようです。また、西野カナさんの『涙色』や『会いたくて会いたくて』など、失恋ソングを聞いて大泣きすることでスッキリして、次に進む人もいます。

(2)辛さをバネに次こそ良い恋愛をする気概で!

ロジカルシンキングをするタイプは、自分に言い聞かせて失恋を乗り越える人も多いようです。特に男性だと、整理したのちに踏ん切りをつける人が多そうですね。

失恋は辛いものですが、どこがいけなかったのか、何が合わなくて自分はどういう価値観を重視しているのか、どうして悪い相手に引っかかってしまったのかなど、とにかく分析して次の恋愛に生かすのも1つの方法。

「失恋という最悪の経験を通して、逆転するという気概でパワーに変える!」という声もありました。

(3)恋占いで運命の相手を妄想する

失恋でどうしてもダメなら、まだ見ぬ相手に想像を膨らませたり、自分に合う相手を探すのも1つの方法。その手段として、恋愛の占いを活用する人も多いようです。

自分の恋愛的特徴を抑えたり、「ああ、確かにこんな一面があったわ」と自分を見つめ直すことで、時間をかけて失恋の痛みを消化していくそう。

こちらも次の恋愛に生かすことができそうですね!

 

【3】まとめ

失恋への向き合い方が人それぞれであるように、辛さを乗り越えるために向いている方法というのも異なります。

自分に合うものを見つけて新しい恋愛ができると良いですね。

(Amy/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る