激しければイクは間違い? 感度が高まるエッチの方法と実体験

ad

エッチは激しければ女性が気持ちよくなると思っていませんか? 

また、女性もそう誤解していないでしょうか。

実は、激しく突くだけがエッチではなく、感度の高まる方法を理解していれば、激しくせずとも最高の気持ち良さを味わうことができます。

感度が高まり、最高のエッチができる方法をご紹介します。

【1】激しければ気持ちよくなれると思っている女性は多い? 
【2】気持ちよくなれるエッチの特徴5つ
【3】気持ちいいエッチをしてくれる男性の特徴3つ
【4】最高のエッチを経験した女性のエピソード
【5】まとめ

【1】激しければ気持ちよくなれると思っている女性は多い? 

編集部で「エッチは激しくされた方が、女性は気持ちよくなれるか」調査したところ、女性の42%はそう思うと回答し、58%が違うと思うと回答していました。

Shano調査

また、男性にも同様の質問をしたところ、男性は17%がそう思うと回答し、83%が違うと回答しています。

Shano調査

男性はなんにんかの女性の反応を見て感じているのに対し、女性は自分の経験からそう考えているのでしょう。

激しい方が好みの人もいますが、女性は体の構造的に、エッチを感じるまでに時間がかかることや激しくされることで摩擦で痛くなってしまうことが言われています。

こうした結果から、今までの男性が激しくエッチをするため、それ以外で気持ちよくなることができるエッチを知らないのではないかと推測できました。

 

【2】気持ちよくなれるエッチの特徴5つ

気持ちよくなれるエッチとは、どんなエッチなのでしょうか。

特徴をご紹介します。

(1)リラックスできる

イクためにはリラックスが必要だと言われています。

濡れるのも、リラックスしている状態の時になる副交感神経が優位な状態によってなるものです。

緊張状態で身を委ねることができず、「恥ずかしいところを見せられない」などと思っていると、興奮状態になることも抑制されてあまり気持ち良さを感じることができなくなってしまいます。

相手をリラックスさせるためには、「愛してる」「美しい」などと褒めるようして安心感を与えつつ、幸せホルモンで不安な感情を消し去るセロトニンを放出させることが重要です。

イク瞬間は、副交感神経から、一気に交感神経優位に変わる状態なので、うまくスイッチが切り替えられるようにしましょう。

(2)愛を感じる

イクのには、肉体的に達するのと、精神的にクライマックスがくるのと2種類が存在します。

肉体的なものは刺激によって生理的な反応が起きますが、精神面は興奮状態によって起こります。

この2つが同時に起こることで、最高の気持ちよさに到達することができます。

精神的にクライマックスの状態にするには、愛情表現やハグ、挿入されてイクなどが重要で、この時、オキトキシンという幸せホルモンが放出されます。

これにより、2人の中はさらに深まると言われており、関係性が深まることで、今後もさらにエッチが気持ちよくなっていきます。

a

(3)じっくり焦らされる

女性は焦らされに焦らされることで体の準備ができます。時間をかけるほど、最高の気持ち良さに到達できるとも言われていますね。

肝心の部分は触れずに体の準備をさせてから刺激することで、凄まじい気持ち良さを感じることができます。

すごい時には、少し触れられただけでも身震いしてしまうのだとか……。

まずは下着に触れるか触れないかくらいの弱い刺激から始め、徐々に刺激を強めていくようにしましょう。

また、一度イッたあとであれば、全身がイキやすくなっているので、奥も気持ちよくなり、全身が痺れるような心地よさを感じることができます。

a

(4)密着感がある

エッチで重要なのはメンタル面と体と体の密着感と言われています。そのため、男性も女性も、好きな人との密着感を感じることで、気持ちよくなりやすいとされています。

激しくしないでも、挿入してハグした上で、優しく肌を撫でるだけで、痙攣してしまうこともあります。

より密着感を得るには、挿入してから10秒間動かないようにすると良いとも言われています。

そうすることで、女性が男性のアソコの形を覚え、ぴったりヒットするように形が変化するのだとか。

フィットすると、どちらかが痙攣しただけでもイキそうになってしまいますよ。

(5)エッチな言葉を使う

脳科学的に、女性はエッチにおいて雰囲気が重要であると言われています。

そのため、エッチな言葉を言われたり、言わされたりすることで、エッチなムードになり、気持ち良さを感じやすくなるのだとか。

男性も、普段はそんなことを言わない彼女がエッチな言葉を使うことで、興奮を覚えたり、自分しか知らない一面に独占欲を満たされる傾向になります。

言葉が出ないほどイキそうな時に話させようとするなど、間の悪い言葉責めは萎えさせてしまうだけですが、慣れてきたらエッチな言葉を言い合えるような関係性を作るのも良いでしょう。

しかし、無理やり言わせるのは、M気質がない人にとって苦痛を感じることもあるので注意が必要です。

 

【3】気持ちいいエッチをしてくれる男性の特徴3つ

気持ちよくなれるエッチを知っている男性は多いですが、「早く気持ちよくなりたい」「面倒だ」などと感じて、すぐに挿入して都合のいいように激しくエッチをしてくる男性もいますよね。

エッチにまで気を使う男性に出会いたいと思う人もいるでしょう。そこで、気持ちいいエッチをしてくれる男性の特徴をご紹介します。

(1)エッチを研究している

性に対して好奇心がある人や、女性が気持ちよくなることで喜びを感じるタイプは、エッチ中も常に相手の反応を見て研究をしています。

そのため、いつも少しずつエッチを変え、どういったやり方が女性にとって一番良いのか比較します。

こうした人は、長く付き合うほど、女性が最も気持ちいいと感じるポイントを押さえていくので、どんどん気持ち良さを感じることができるようになります。

言葉で「気持ちいい」などと伝えてあげると、どんどん吸収していきそうですね。

a

(2)テクニックに頼りすぎない

男性はエッチに関して他の同性と張り合う傾向にあるため、「自分はエッチが上手い」と言い張ったり、「何人とエッチしたことがある」など、経験人数を自慢することがあるでしょう。

女性に対してもこんなことを言って、エッチのテクニックをひけらかすような人とのエッチは、実はあまり気持ちよくなれないことも……。

人によって感じるポイントや角度が違うにも関わらず、「こうすれば気持ちよくなれるんでしょう」と決めつけてしまうタイプは、テクニックに頼りすぎてしまうのです。

そうすることで、女性がまったく見えず、自分に溺れてしまいがちになってしまうこともあります。

しかし、本当に気持ちのいいエッチをしてくれる男性は、テクニックを知っていても、そればかりに頼りすぎず、女性の気持ちを汲み取ったり雰囲気づくりをしてくれますよ。

a

(3)自分だけが満足するエッチをしていない

男性主体のエッチが多いため、残念ながら自分本位のエッチをしてしまう男性もいます。

まだすんなりと入らないのに押し込んで、ガンガンと腰を振って、自分だけが気持ちよくなろうとしてしまうのです。

男性は気持ちよくなるまでに時間がかかりませんが、女性は時間を要します。そのことを知りながら、無視をしてすぐに押し進めようとしてしまうのです。

しかし、本当に気持ちいいエッチをしてくれる男性というのは、自分よりも女性が満足してくれればいいと思っている人が多いでう。

そのため、丁寧に体を全身くまなく愛でて、女性が気持ちよくなれることに幸せを感じる傾向にあります。

 

【4】最高のエッチを経験した女性のエピソード

気持ちいいエッチをしてくれる男性とエッチができる女性は、どのような経験をしているのでしょうか。

女性たちに聞き込みを行いました。

(1)波のような気持ち良さが押し寄せる

「お腹や背中、太ももなど、感じるポイントだけれど、直接的ではない部分をずっと優しく撫でられていました。最初はあまり感じず、愛されている幸福感の方が優っていました。しかし、次第に足の内側を中心として、じんわりと波のように押し寄せては引くような優しい気持ち良さに包まれました。
だんだんと穴がひくひくしてしまい、『欲しい』と感じてしまいましたね。その頃に直接的なポイントを刺激され始めたと思ったら、全身を駆け巡るような刺激を感じて、思わずのけぞってしまいました。挿入前からこれだけ気持ち良さを感じたのは本当にやばかったです。入れた後はイキっぱなしで大変でしたね」(26歳・女性)

(2)ふわふわとした感覚に包まれる幸福感

「刺激を受けることで体が感じる気持ち良さと、じわじわと高められていく気持ち良さって全然違いますよね。前者は割と一瞬で終わってしまうけれど、後者は持続性があります。すごくふわふわして、全身が痺れた感覚がするんですよ。
足が一番ピリピリしているけれど、手とかそのほかのパーツも痺れていて、意識が朦朧とするんです。そんなふわふわとしたまどろむような感覚の中で、彼に愛されていると感じることができて、精神的にめちゃくちゃ満たされました。体も気持ちがいいし、心も気持ちがいいし、夢を見ているようでしたね」(31歳・女性)

(3)呼吸が合う

「私は、今まで触られてもなんか微妙だし、あんまり気持ちよくなれなかったんですよね。それなら、クリとかを刺激して、体をビクビクさせて欲しいと思っていました。でも、今の彼に会って、呼吸が合うエッチが一番だなって思いました。少し撫でられただけでも、ゾクッとしてしまうんですよ。
エッチの最中、気持ちいいポイントに当たった時だけ気持ちがいいんじゃなくて、ずっと気持ち良さが持続していました。私もだんだんと感覚で、今触れるといい感じになるポイントとか、どこからどこにかけてどう撫でるといいかっていうのが感覚でわかるようになりました。彼も我慢できず声を漏らすことが増えてきましたね。考えていたことが被ることも増えたし、こういうのって、コミュニケーションをとってきたから成せることなのかなって思います」(23歳・女性)

 

【5】まとめ

激しくエッチをすることで、身体的に気持ち良いと感じることはできるものの、激しくせず、女性のタイミングを読んだり、非言語コミュニケーションをすることで、さらに気持ちよくなれそうです。

また、女性は準備に時間がかかるので、初めから激しくするというよりは、盛り上がってからの方が良いでしょう。

男性も無理に体力を消耗しなくて済むようになるので、試してみてはいかがでしょうか? 

エッチは大変奥深く、常に向上していくことができます。パートナーとの仲がさらに進展すると良いですね。

(Amy/ライター)

 

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です