カミングアウトはした方がいいの? した人としない人、それぞれの理由

セクマイをカミングアウトするかしないか

最近はメディアなどでマイノリティを公表している人が増え、認知度や理解も少しずつ広がりを見せています。

そんな時代だからこそ、カミングアウトした人が周囲に増えたりして、自分もカミングアウトするべきか悩む人もいるのではないでしょうか。

 

【1】セクシャルマイノリティへの認知度

セクシャルマイノリティやLGBTという言葉は、近年さまざまな問題や運動などで一般にも広く知られるようになってきました。
しかし当事者で無い限り、詳しく理解している人はあまり多くなく、LGBTに関して誤解している人や、間違った認識を持っている人も少なくないでしょう。

例えば、異性経験が無いからそうなるんだと思い込んでいたりとか、同性愛を性同一性障害と同じものだと思っていたりとか、見当違いな誤解もまだまだあります。

また、身近に当事者がいない(もしくはいないと思い込んでいる)場合は、あくまで他人事であって、「どちらでもいい」という理解の示し方をしている人も。

マイノリティへの認知度や社会の理解が広まってきたからと言って、それが自分の周囲の人の理解に直結するかと言うと、やはりそれはまた違う問題なのです。

カミングアウトしたあと拒絶されてしまったら?と考える前に

 

【2】カミングアウトする? しない? それぞれの意見

カミングアウトをするか否かは個人の自由です。ですが、中には迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、それぞれの意見を伺い、ご紹介したいと思います。

(1)カムアウトした人の理由

恋愛や将来について話す時など、何らかの理由があってカムアウトした人が多いのではないでしょうか。結婚や子供などの期待や心配をする親に対しての配慮など、ある程度の年齢でカムアウトを決断した人も多いでしょう。

もちろん「自分を偽りたくない」と自らの意思でカムアウトする人も今は少なくありません。が、ほとんどの人がカムアウト出来ずにいた期間を経験してきたと思います。

(2)カムアウトしない人の理由

家族や友人等の人間関係・社会的な立場など、カムアウトによるデメリットが圧倒的に大きい、と言うのが一番の理由だと思います。

ただしカムアウトしない以上は、死ぬまでカムアウトしない・絶対に言わない、と心に決めている人も少なくないのではないでしょうか。

「セクシャルマイノリティーの自分」と「ノーマルの(フリをする)自分」の両方の自分を大切にしたいと思う人も中にはいるのです。

(3)一部の人にだけカムアウトする

家族や一部の友達にだけカムアウトしているという人もいます。カムアウトしていないが故の不便さや、嘘をつかなくてはいけない罪悪感など、小さな苦労が蓄積するストレスって結構大きいですよね。

ただ自分の知らないところで勝手にアウティングされてしまう危険性もあり、信頼できる人だけに限るか、「最悪バレても仕方ない」という覚悟がない限り、これも難しいかも知れません。

カミングアウトは必要なのだろうか? メリットなどもある中での疑問

 

【3】まとめ

カムアウトした事によって肩の荷が下りたと思う人もいれば、カムアウトした事によって今まで作り上げてきたものが壊れていくような気分になるという人もいます。

カムアウトする事で自信を持てると感じる人もいれば、カムアウトしない事で堂々としていられると感じる人もいるのです。
でも、自分の人生をどう生きるかは自分が決めること。どちらが正しいという事は無く、恋愛が自由であるのと同じで、カミングアウトも自由であって欲しいのです。

(アラタ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る