カミングアウトする上で…理解ある人かどうか見極める方法

セクマイをカミングアウトをする上で理解者かどうか見極める方法

カミングアウトが不安になるのは、相手にどのような反応をされるかわからないから…という点が大きいですよね。

相手が、自分のマイノリティを話しても問題がないか、どのように判断したら良いのでしょうか。私の経験に基づき、見極める方法を考えていきます。

 

【1】心無いことを言う人もいる

絶対ではありませんがもちろんいます。例えば「え、まぢで無理」「え、キモイ」「どうやってそんなんになったの?」などいう人も中にはいます。

もし私が仮に言われたとしたらまずは共感しときます。そして、相手の気持ちを落ち着かせた後に、必要な相手であれば実は…と必要な説明をします。

よっぽど性格が悪くてどこでも嫌われているような人はそれでも批判してくると思いますし、批判してくるような相手に対してフォローしないというのも選択肢だと思います……。

 

 

【2】理解ある人か見極める方法

ですが、できれば上記のようなことは避けたいと思う人が多いですよね。相手に理解があるかどうか見極めるには、どうしたら良いのでしょうか。

自身の経験に基づき、理解のある人かどうか見極める方法をご紹介します。

(1)LGBTに関しての話をしたことがある人

一番大事なのはコミュニケーションです。

人は共感し合いお互いを認識していきます。得に女性はそういう方が多い印象ですね。

普段の会話の中でLGBTというワードが出てきたらなんとなく「偏見ってある?」「興味ってある?」「実際に友達でいたらどう思う?」など探ることでいつの間にか「この人は大丈夫そうだな」と感じる瞬間がきます。

(2)その友達にLGBTの友達がいるかどうか

最近ではよく「LGBTの友達いるよ~」など聞くことが多くなりました。それはきっと勇気を出してカミングアウトしているからだと思います。

オカマバーの店員さんでも構いません。偏見がなく楽しいからそこに行くわけであって友達とは言わないかもしれませんが「知り合い」「面白い人がいる」など紹介されていてもOKです。

多少の可能性ですが“偏見”がないように感じられるからです。

(3)その人の性格や言動を長期に渡り分析

友達なら長年付き合うことが多いですよね。

時間を使って分析していくことも見極める1つの方法だと私は思います。

なかなか受け入れ難い性格だったり、普段からLGBTに対して偏見を持っているような発言をしていたりこれもコミュニケーションになるんですが、大事なことです。

 

【3】まとめ

あえてスパイなどをして見極めるのではなく、自ら行動して相手のことも理解し少しづつ自分の話もしたりまたは、LGBTについて会話をしてみるなど色々と考えながら行動していけば相手が理解のある友達なのかどうかなど自然にわかってきます。

感覚ではありますがその感覚がとても重要になってきます。あなたも色々な会話を試してみてはいかがですか?

(ツバサ/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です