LGBTをカミングアウトして心無い反応をされ…傷ついた心を癒す方法

LGBTをカミングアウトして心無い反応をされ…傷ついた心を癒す方法

カミングアウトをする際には、相手はどう受け取るか考えた上で慎重に話を進めていく必要があります。

ですが、もし勇気を出しても傷つく結果になったら……。その心はどう癒せば良いのでしょうか。

【1】マジョリティが受け入れやすいカミングアウトとそうでないものがある

自分自身がLGBTということを隠しているという人も多いはずです。特に好きな人ができてしまったりするとそれは同性の友人であるという可能性もあるからです。LGBTの人は少なからず存在するので、一般的には珍しいと感じる人が多いです。

でも世界で数えるともっとたくさんの人がいて、同性婚をしているような人も中にはいると思います。そういった中でマジョリティ、つまり多数派の人たちになんと言えばいいか分からないという人もいます。

勇気を持って伝えたら衝撃を受けられた、なんていうこともあります。ですがこれも多くは伝え方の問題になります。

例えば「好きだから付き合って」という言い方をすれば同性から好かれてしまったと嫌な印象も受けることがあります。「実はLGBTで同性のことが好きなんだ」という「相談」から入って誠意を持って伝えることで相手も受け止めやすくなるのです。

マジョリティが受け入れやすいカミングアウトとそうでないものがある

【2】もし傷ついたら、どうすればいい?

もし信じて言っても相手が非難するようなことになれば嫌な気持ちになりますよね。そうなった場合はどうすれば良いでしょうか。

(1)恋愛対象でないならそのことを伝える

カミングアウトしたものの、その人のことが恋愛対象でないならしっかりと伝えるようにしましょう。

友達という付き合いであればそれを維持し続けることが大切になります。

相手も心無いこと言ってしまうのは「もしかしたら自分のことが好きなのでは?」と警戒し、友人関係が壊れてしまったり、友人の“フリ”をされていた心持ちによるショックからなのです。

(2)一旦距離を取る

理解してもらおうとするのではなく、こういう事もあると前向きにとらえるようにしましょう。

実は多くの人がLGBTの存在を知っていたとしても「友達がまさか…」と相手は考えます。

嫌なことも言われてしまうので、一旦距離を置くことが大切になるのです。

(3)異性に相談をする

実は異性に相談がしやすいというのが特徴でもあります。傷ついたときに相談をするのは同性ではなく異性の方が良いです。

何故なら同性が好きということであれば、マジョリティに立つと男性との恋愛についてよくわかるのは異性だからです。よく同性の人に相談をしてしまいがちですが、ここは異性の人に相談をしてアドバイスを貰うといいでしょう。

もし、何らかのコミュニティに属しているなら、同じセクシャルマイノリティの人に相談しやすい場合もあるかもしれません。

もし傷ついたら、どうすればいい?

【3】まとめ

LGBTをカミングアウトをして衝撃を受けられ、傷ついたり心無い反応があったりすることはよくあります。

ですがそういったこともあると捉えつつ、異性に相談をしたりするといいでしょう。

(MAGI/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です