一種類じゃない! ゲイのひげに対するこだわり

一種類じゃない! ゲイのひげに対するこだわり

ノンケ男性でもひげを生やしている人はいますが、ゲイ男性の場合は、長さやデザインなどの細かい部分までこだわっていることが多いです。

また、規則などでひげを禁止にしている企業もあるので、週末のみひげを生やすひげ男性もたくさんいます。

【1】 ひげの魅力

デザインによってイメージも異なりますが、ひげの魅力は、野性的、ワイルドな雰囲気が出るところです。

その人の雰囲気を決める要素は、髪型やファッションなどいくつかありますが、ひげもその中で重要な役割になります。

髪の毛や洋服と大きく異なる点は、ひげは男性のみ生えてくるところです。

それが理由で、全身のごく一部にも関わらず嫌悪感を抱く人と、とても魅力に見える人と分かれます。 ひげの魅力

【2】 ゲイ男性に人気のひげスタイル

ここでは、特に人気のひげのスタイルを3つご紹介します。

(1) 口ひげ

ひげを生やそうとした時に一番初めに思い浮かぶスタイルが口ひげだと思います。

あごひげに比べて、より大人びた雰囲気になります。

ラウンドひげがあまり似合わないゲイ男性や、ひげが均一に生えてこないゲイ男性にも人気です。

(2)あごひげ

自然にひげの存在感を出すことができるスタイルです。

あご部分に生やすことで、顔の長さを目立ちにくくする効果もあります。

また、あごは顔の一番端にあるので手入れも簡単です。

(3)ラウンドひげ

ゲイ男性の中で王道のスタイルです。もみあげから、フェイスライン囲うような生やし方です。

面長な人がこの形にすることが多く、男らしさに加えて小顔効果もあります。

手入れは、生やす部分が増える分、少々面倒です。

また、自分の顔に似合う太さにしないと滑稽な感じになってしまうので、ただ顔周りを囲うようにはやすのではなく、センスも多少必要です。

ゲイ男性に人気のひげスタイル

【3】まとめ

今回は、特に人気のひげのスタイルをご紹介しましたが、他にも様々な形があります。また、生える箇所はごく一部分でも与える印象は大きいです。ワイルドな印象を持つ一方で、清潔感が無いところが苦手という意見も聞きます。

大概、ひげに苦手意識を持っている人は、その人に似合わないひげや、手入れが雑なひげを見て嫌悪感を抱いている人が多いです。

ゲイ男性の場合は、無精ひげをそのまま生やしている人は少なく、きちんと手入れをしていることが多いので、ひげが苦手な方にも受け入れられることがあります。

また、心理的には、顔の形を綺麗に見せるだけではなく、男性らしい色気が欲しくてひげを蓄えている人も多いので、身近にひげを生やしている人がいた時は観察してみてください。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る