【女性向け特集】男子の処女への本音や注意点・喘ぎ声やセリフの良し悪し・体位別の願望

男性の処女、喘ぎ声、エッチ中の言葉、体位に関する本音をまとめました。また、エッチ中のあるある失敗談もご紹介します。

基本を押さえておけば、処女でもちょっとは安心できるかも?

 

【1】不安な処女…どんな男性なら安心?

エッチをする前に知りたいことはたくさんありますよね。どの様にすれば良いのかされるがままで良いのかなどいろいろな事を考えてしまいます。そんな処女で不安、というような人もいますがリードしてくれたりいきなりハードなプレイをしないような男性とエッチがしたいですよね。

簡単に言うと、ずっと付き合おうと思ってくれている男性や、こちらの性感帯を理解しようと努力し、痛くならないよう優しくこちらを気持ちよくしてくれるような人としたいと考えるのではないかと思います。  

また、自分が処女であることに対してコンプレックスを抱いている方も多いのではないでしょうか。確かに周りの友人達が初体験を済ませていくにつれ、自分だけまだ経験していないという劣等感を感じるのも分かります。

しかし女性の処女と言うのは、男性の童貞ほどイメージの強いものではありませんし、大したことでもないのです。男性であればセックスの際は女性をリードしたいという思いの人が多く、そういう風潮は昔からあったのだと思います。男性が童貞を捨てようと思えば簡単に風俗などを利用し捨てることができますが、女性の場合そんな手軽にしてしまうのは色々リスキーですよね。

実際女性が処女であることに対して気にする男性は少ない統計が出ていますし、逆にそんなことで女性を選ぶ男性もどうかと思います。ですので処女であることはそこまで思いつめことでもないですし、その時がくれば自然に処女を卒業するときがきます。身構えず自然に任せて、まずはそういう相手を見つけることが大切なのです。

 

【2】処女の女性が知っておきたいこと

自分はもう経験を済ませていますが、処女であることは全く気にしなくて良いと思います。その理由について、自身の経験などを交えながらお話しします。

(1)アラサー処女は今時珍しくない

現在結婚しない女性は急増中であり、未婚者の男性の7割近く、女性だと6割近くの人が恋人がいないのです。

これが処女率アップを示しているとは言い切れないのですが、セックスを恋人とするものとしたとき、恋愛しない人が増えるということは、セックスしていない人が増えるということになります。

筆者は30代前半になりますが、正直周りで処女の人は知っているだけでも数人います。言っていないだけで、実は処女という人も多いのかもしれません。つまりアラサー世代であっても処女であることは、なんらおかしい話じゃないと思うのです。

(2)処女膜の有無で人生変わらない

普通に生活している中で、自分が処女であることを誰かに言わなくてはならないことってあるでしょうか?

しいていうなら、恋人と初めてセックスをするときに言えばいいことだけですよね。

友達とそういう話になって言いたくなければ嘘でも経験はあると言えばいいことです。

つまり「処女である」ことは、特にアピールすることでもなく、人生において大した問題にはならないのです。

(3)思っているほど気持ちいいものではないのかも

エッチの経験がない人は、エッチという行為が未知のもので、人によっては最高のようにイメージしている人もいるのかもしれません。

しかしエッチは魔法でもなんでもありませんので、やり方によって女性が思っているほどの快楽が得られたり綺麗になれるものではないのかもしれません。

特に実際初体験をした女性は「こんなものか」と拍子抜けするケースも多いのです。

 

【2】痛くないように! 処女が気をつけたいこと3つ

しかし、安心できる相手を選んでも痛くならないか不安…という人もいるでしょう。女性ができることも確認しときましょう。

(1)されるがままにする

「全く動かないマグロはダメ」という声はよくありますが、処女に対して積極的に動いて欲しいと思う男性は、よほど自分本位でない限りいないでしょう。

ですから、まずは感覚に慣れるまでされるがままになってみましょう。 自分から動こうとしてぎこちなくなったり気持ちよくないと感じてしまいます。初めての経験なだけに、エッチが辛くなってしまうかもしれません。

(2)処女であることを言う

年齢によっては、経験がないことを伝えるのに抵抗を覚える人もいるかもしれません。ですが、結構、未経験の人は増えています。

もちろん、処女がエッチをする際に気を付けたいことはたくさんあります。知っていた方が、相手もリードしやすくお互いが気持ちの良いエッチをすることができるはず。

自分が嫌な思いをしないように、また、彼氏が彼女に無理をさせてしまうことがないように、処女であることは素直に伝えた方が良いです。

(3)痛いところはしっかりと言う

もし、痛いと感じることがあれば、彼にしっかりと伝えるようにしましょう。痛くないようにもっと濡らそうとか、男性も考えるはずです。 初めから全身が気持ち良いということは稀です。

「ちょっと気持ちいいかな?」と感じることから少しずつ慣らしていきましょう。  

 

【3】処女に対する男子の本音

彼女が処女であることに対して、どう思うか気になる人も多いでしょう。実際、Shano編集部が独自のアンケート調査を行い、「彼女は処女・非処女どちらが良いですか?」と聞いたところ、以下の結果が得られました。

アンケート調査

調査期間:2020年03月05日〜03月25日
調査対象:10〜30代男性200名
調査方法:WEBリサーチ

  • できれば処女が良い・・・38人(19%)
  • 非処女より処女が良い・・・86人(43%)
  • 処女がより非処女が良い・・・61人(30.5%)
  • できれば非処女が良い・・・15人(7.5%)

具体的な意見について、男子の本音というのは主に2つに分かれます。それは自分自身が経験済なのかそうでないのかという差です。

(1)経験済の場合

実は処女とするというのに興奮を覚えるような人は多いです。好きな相手の初めてを奪うという事に興奮を覚えたり、逆にこちらに癖付けるなんていうような事もできるからです。

ですが逆に冷めるような人もいます。一から教えなければいけないのかと思ったり、いざエッチしてみると動きがぎこちなかったりすると直ぐに終わらせたり、気持ちよくないと男性も感じてしまうからです。冷めるタイプは、エッチに重きを置いているのかもしれませんね。

(2)経験していない場合

経験をしていない場合は相手のために尽くそうと努力します。もちろんこちらが未経験ということは隠すことが多く、アダルトを見た知識で頑張ろうとします。

もし初彼、初彼女という状況であれば1回目は初々しさがあるのではないかと思います。  

 

【4】処女とエッチした男子の経験談

よりエッチのイメージを沸かせるために、処女と経験したことのある男性から話を聞いてみました。

(1)なんとなく流れでできた!

「彼女から処女だということは聞いていました。確かに慣れていない感じがしましたが、とても好きなので愛おしさが募りました。何もエッチの知識がない子だったので、ちゃんとできるか不安でしたが……。とてもスタンダードなエッチが、なんとなく流れでできました。1度経験してイメージが湧くようになってから、彼女も色々と調べて知識をつけているみたいです」(Kさん・25歳男性)

(2)むしろ緊張して彼の方が失敗…

「実は僕もあまり経験がないんですよ(笑)でも、処女だからリードしてあげなきゃと必死で……。結果、緊張しすぎて途中でアソコが萎えてしまいました。彼女とハグをして緊張を和らげてから2回戦へ。穴の位置を間違えたり、入れた瞬間に感動のあまり出しちゃったり、全然うまくいきませんでしたが今はいい思い出です」(Aさん・22歳男性)

(3)抱きしめたりキスしてくれたりするだけでも嬉しい!

「処女だからマグロなのかな…とぶっちゃけ思ってました。でも、実際、彼女は何もわからないなりに、一生懸命抱きしめてくれたり、キスしてくれようとしたりって頑張ってくれたんです。エッチについて全くわからないでも、自分のわかることで雰囲気作りはできるんだなって思いました」(Wさん・26歳男性)

 

【5】慣れている人でも初めての相手だと失敗しがち…失敗談9選

処女でなくても、初めての相手とエッチをするとなると正直緊張をしてしまったり、気持ち良いポイントや各部位の位置が違って戸惑ってしまうことはよくあります。そのため、慣れている人でも初めての相手やご無沙汰だと失敗してしまうことは多いのです。

特に初めてとの相手と一回で満足できるエッチができるのかというのは稀です。むしろ、仮に相手と一回でできたのであればそれかなり相性が良かったり、お互いがしっかりとできている証拠になります。そこで、みんなのありがちな失敗エピソードを聞いてみました。

1)緊張しすぎてアソコが勃たず

「男性であれば緊張をしすぎてしまいあまり勃たない経験を持つ人は多いんじゃないかと思います。見栄を張るので、あんまりそういう話はしませんけれどね(笑)いざ、彼女を前にして、誘ったのに勃たないってめちゃくちゃ焦りますよ。とりあえずキスをたくさんしたり、ハグをしたり、自分のことをこっそり勃たせながら彼女に気持ちよくなってもらうためにめちゃくちゃ触ったりして頑張ります」(Aさん・28歳男性)

2)人によって性感帯が違う故の失敗

「相手を気持ちよくしようと思うと、これまでの経験や見た知識をフル回転することになります。ですが、実際にすると分かるのですが、気持ちが良いと感じるのは人それぞれで人によっては全然気持ちよくない場合もあるんです。初めての相手とする際には、その人自身のポイントをつかめず失敗することもあります」(Mさん・23歳男性)

3)ブラホックがなかなか外せない

「女性のブラホックって外し慣れてないので、実はなかなか難しいんですよね。だから、久しぶりの時に全然外せなくて、困ってしまいました。途中でキスを挟んだりしたけれど、彼女も呆れてたんじゃないかな……。ゴムとかもありがちですよね」(Yさん・31歳男性)

4)穴を間違えてしまった

「久しぶりだと、正確に穴の位置がわからないことがあります。暗すぎてお尻の方に入れそうになって、彼女に『それ、お尻……』と恥ずかしそうに言われた時は、もう顔から火が出そうでした」(Nさん・29歳男性)

5)久しぶりで気持ちよくなりすぎて先にイク

「ご無沙汰な相手との失敗の場合は、先にどちらかがイッてしまうパターンはあるあるです。気持ちよくなってしまってその後の気力がなく、それで終わってしまうこともあります……。そのせいで相手に『もっとしたいのに…』と思わせてしまい気まずくなることもあります」(Sさん・28歳男性)

6)緊張しすぎて濡れず

「濡れずに痛すぎて泣いて中断してしまうことはあります。緊張などもありますが、初めてやるからと力みすぎていたり、変に意識が緊張している自分に向いてしまうので、エッチなことをしようってムードにならないんですよね」(Oさん・35歳女性)

7)責めたらくすぐったいと言われた

「自分の中でなんとなくエッチのやり方というのができてたらしく、初めての相手に対しても執拗に乳首を責めていました。そしたら、だいぶ経ってから、『そこ、くすぐったいかも……』と言われて。早く言ってよ……と思いました」(Uさん・24歳女性)

8)久しぶりで早くエッチしたすぎてろくに準備しない

「遠距離恋愛をしていた時に、久々に彼とエッチできるのがあまりに嬉しくて、彼が濡らそうとしてくれているのに気持ちがはやって、自分から入れちゃったことがあります。めりめりって音がしてめちゃくちゃ痛くて、エッチどころではなくなりました……」(Iさん・27歳女性)

 9)毛の処理が甘かった

「エッチするぞってことばかり頭が行ってしまって、勝負下着や可愛いお泊まり用のパジャマまで揃えたのに、毛の処理が甘くて失敗したことがあります。脇の下や腕、長すぎるシモの毛は男性も気にしてしまうポイントですよね……」(Aさん・22歳女性)

 

【6】どうしても初めてだと思われたくない時に! 最低限身に付けたい知識3選

もう20代後半や30近いのにまだ未経験…というような人もいるのではないでしょうか。初彼ができて初エッチをするという時はとても緊張をするのではないかと思います。でも好きな彼に幻滅をしてほしくないとも思いますよね。

エッチが下手だと思われたり、あまり相手を気持ちよくさせることができないとショックを受けることもあるのではないかと思います。でもそれは仕方のないことです。未経験であれば誰でも最初はぎこちないかもしれません。相手を満足させることができなかったり、下手だったという形で終わる可能性もあります。

相手も少なからず経験をしていたり、1人で自慰行為といったことをしているという人も多いです。なのでそんな相手から面倒だと思われないようにしたいけれど、どうすれば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。どうしても、初めてだと悟られたくない場合の対処法をご紹介します。

(1)エッチ中は常に大好きホールド

大好きホールドという言葉をご存じでしょうか? 

恋人同士がお互いに抱きしめあって動くというものですが、そんな大好きホールドが好きな女性というのは多いはずです。

こちらからすると男性側も興奮をして動かしてくれることが多いです。正常位をしている時は相手を求めるように手を広げて抱きしめてあげると良いかもしれません。

(2)騎乗位をする時は上下に動く

実は経験をしているのかどうかというのは、いかに動けるのかというのではなく相手の気持ちの良いところを見つけることができるのかどうかにもよります。

騎乗位をする場合、相手を気持ちよくしようとして動きますが基本的に前後に動いてしまうことが多いです。

ですが男性はそれではなく、しっかりと上下に動かすのが大切になります。こちらとしては気持ちよさというのは人それぞれになりますが、上下にしっかりと腰を浮かせてしずめるという事が大切になるでしょう。

(3)S気を出して相手に動かしてもらう

少しでもリードを出した方が相手も興奮したりすることが多いです。未経験であっても主導権を握ったり、相手に命令をするような形であれば相手もノリ気になる可能性が高いです。

未経験…だからこそ見栄をはったり、無理に上手くしようとするのではなく、お互いが気持ち良いような動きを目指すことが大切になります。

愛のあるエッチというのはお互いがぎこちない動きをしたとしても、気持ちの良いものです。

ad

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る