知らぬ間に見抜きされてた? 見抜きされやすい女性かどうかの簡単診断テスト

知らぬ間に見抜きされてた? 見抜きされやすい女性かどうかの簡単診断テスト

見抜きされたくないと思う女性は少なくないと思いますが、逆に見抜き前提でファッションを選ぶ女性もいます。どのような人が当てはまるのでしょうか。また、見抜きされやすい女性の特徴も掘り下げていきます。

【1】露出度アップ! 見抜き前提で着込む女性もの特徴

通りがかりの男性から、彼氏から知らぬ間に見抜きをされていたということはよくあります。そもそも見抜きとはオンラインのキャラクターで抜くことを指すものの、今ではリアルでも浸透していっており、その意味は目の前の女性で抜くことを差しています。

見抜きというのはいわばプレイの1種でもありますよね。何か着てもらいそれを見て抜くというような行為は興奮をする人にとっては興奮をします。

女性からすると様々な意見もあると思います。もっと見て欲しいという思い出あえて見抜きに適した服装を着込む人、そういったものを警戒するために露出の低い無難なものを着る人、いろいろな人がいます。

見抜き前提で着こむ人は、簡単に言えば性欲が少し強めの傾向があります。それだけでなく、見られることで性的興奮を得る性癖の人もいるでしょう。

【2】見抜きされやすい女性かどうかの簡単診断テスト

見抜きは、見た目だけでなく体型や顔、性格などから対象となり得るか判断されていることが多いです。されやすい女性というのはいったいどういった傾向があるのでしょうか?

(1)何でも許してしまう

性格の面では何でも許してしまうような人もいるのではないでしょうか。仕事でも生活の場面でも、何でも許してしまって相手を優先してしまうという人もいるでしょう。

お姉さん系や母性が出るような人ほど、ついつい「許してもらえるだろう」「あの優しさに包まれたい」と思われがちに。つい彼氏であれば許してあげるような人もいるのではないでしょうか。

自分自身に抵抗が無ければよいものの、抵抗があるのであればしっかりと対策はするようにしましょう。

(2)露出が高め

すれ違う人で興奮する男性もいます。そういう人は、先ず相手がどういう服を着ているのかをチェックしがちです。

普段の服装はどういったものを着ていますでしょうか。露出が高いものや肌が見えてしまうものだと自然と注目を浴びてしまいますよね。

夏であれば水着や布面積が最低限しかないもの、冬であれば胸開きセーターなどが王道です。露出が高めな人ほど性的な目で見られてしまう傾向にあるため、自然と見抜きされているなんていうこともあるのです。

(3)スタイルを保っている

男性は全体の雰囲気で美女だと思う傾向があるため、スタイルを常に保っている人は、男性から美人で可愛いと思われがちです。

スタイルがいいと、ついつい想像をしてしまうこともあるでしょう。スタイルは太すぎず、細すぎない体型が理想と言えますが、男性の性癖によるところが大きいです。

スタイルを常に保っている人が外に出ると、「わ、すごいプロポーションだ」と男女共につい目を向けたくもなりますよね。図らずも、ついつい興奮してしまうのは男性の性かもしれません……。

(4)見られると興奮する

見られると興奮する性癖を持っている人は、自然と露出なども高めのものを着てしまったり、相手を落とすような服装で毎日いることが多いです。

ナンパ目的で待機しているような人だけでなく、エロい目で見られていることがたまらない人もいるでしょう。

(5)恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋の場合、見抜きなどではさらに興奮する素材となります。

例えば彼女が恥ずかしい格好でいるとしたら興奮をしない彼氏はいないはず……。こちらも恥ずかしくなる分、エッチをする時はお互いが高まった状態ですることができるようになります。

それだけでなく、恥ずかしい姿で強がっているような人も実は見抜きをされやすい女性です。ギャップ萌えジャンルが好きな人からは非常に好まれるでしょう。

(6)堂々としている

見抜きをされていないと思っている女性ほど、実はされがちに……。

トレンド物を着ている女性は堂々としていることが多いです。トレンドというのは年によって変わりますが、昨年のものを着ていても実は注目を浴びやすいです。

見られる機会が多いので、自然と見抜きをされていたなんていうこともあるでしょう。

(7)コスプレイヤー

近年ではどんどん増えてきているのがコスプレイヤーですよね。芸能人の人もコスプレをしていたり、有名な人がアニメやゲームのキャラクターのコスプレをしているということもあります。

キャラクターになりきるというのがコスプレなので、自然と可愛くなったり美人な格好になることが多いですよね。キャラクターによっては露出が高くパンチラなどがザラにあります。

そういった環境の中で撮影会などがあるので、自然と見抜きされていたなんていうこともあるのではないでしょうか。

【3】未然に回避することも視野に!

知らぬ間に見抜きをされているということは数多くあります。その中でも特に見抜きというのは人の好みにも分かれてくるので、必ずしも見抜きされているということは無いです。

ですが見抜きをされたくないと思うのであれば、露出を少なめにする、無難な服を着る、胸などを強調しないものにするなど工夫が必要になるでしょう。本当は、自由なファッションで出歩きたいところですけれどね……。

(MAGI/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です