アロマンティック・アセクシャルのカミングアウト事情と辛い反応

人の恋の形はみんな違う……。

マイノリティなセクシャル「LGBTQIA+」に迫る本企画。

今回は、『Shano』でライターをしている、アロマンティック・アセクシャルの退(さがる)がカミングアウト事情とカミングアウトした際に辛いと感じる反応をご紹介します。  

 

【1】理解されにくい! カミングアウト事情

今、世界では性的指向についてたくさんの呼び名ができ、そのカテゴリもより多く確立されてきています。

けれど私たち日本人にとっては特に、周りへ自分のセクシャルについて説明したり、カミングアウトすることはとても勇気がいる行為ですよね。

それはどの性的カテゴリに分類される人にも共通していることなのではないでしょうか。

私は、アロマンティック・アセクシャルと呼ばれるカテゴリに属しています。

アロマンティック・アセクシャルは定義を固定できるものではない曖昧なカテゴリの為、人へ説明をすることやカミングアウトすることが難しいものです。  

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る