大好きな彼女がいるのに浮気…遠距離恋愛でびっくりしたエピソード

ネットでも恋バナをしたい! 

みんなの恋愛事情に迫る本企画。

今回はバイト先で大好きな彼女と遠距離恋愛をしているらしい男性と浮気関係になりそうになったWさん(22歳・女性)に取材をしました。

 

【1】ワーホリで出会った彼女が好きすぎる彼

浮気に巻き込まれそうになったのは、ワーキングホリデーで行ったバイト先です。

Wさんは大学3年生の時に、ワーキングホリデーで、オーストラリアのシドニーに半年間行きました。

彼女は、ショッピングモールのフードコートにある、日本食料理屋で働き始めたそうですが……。

(1)バイト先で出会った彼女が大好きすぎる彼

「日本食料理屋なので、働いてる人は、1人が韓国人でそれ以外は日本人、全員で8人というアットホームなお店でした。例の浮気につながる彼とはここで出会いました。彼は、付き合って2年の彼女が日本で待っており、大学を一年浪人、現在休学しているため、2つ上でしたが、まだ大学生でした。彼はとても彼女想いで、誕生日にはオーストラリアから日本へ彼女にプレゼントを送っていましたし、毎日おはようとおやすみと連絡を欠かさないと言っていましたね」

話を聞いている限り、とてもこの状態から浮気未遂に発展するとは思えませんよね……。

一体なにが起きたのでしょうか。

(2)接点が多く一緒に帰ることも

「私たちが働いていた職場は、基本的に昼間は3人、夜は2人で営業しており、私と彼が一番シフトに多く入っていました。私は彼と家の方向が一緒だったので、仕事が終わるとよく一緒に帰っていましたね。彼は料理がとてもうまく、賄いを自分で作れるお店だったため、よく、夜ご飯や昼ご飯を私の分もまとめて作って、食べさせてくれました。そのように最初は、とても仲の良い友達同士で、楽しい日々を過ごしました」

友人として親しくなって言ったWさんと彼。

本当に海外で知り合えた数少ない日本人の友達だと思ったようです。

(3)ベッドバグの発生

「ですが、ある日、仕事の後、夜ご飯を食べに行った時、お酒を飲んだということもあるためか、彼が手を繋いできたのです。私も酔っ払っていたので、海外のノリもあって、手を繋ぐくらいならいいかなと思い、そのままにしていました。いつも通り、家の方向に向かい、家の近くの公園に立ち寄りました。オーストラリアでは、基本シェアハウスなので、私も彼もシェアハウスに住んでいました。その時ちょうど、彼のシェアハウスのベッドがベッドバグが発生したために、使えなくなっていました。なので、公園で話している時に、一緒にホテル泊まってくれないかと誘われました」

海外だと、割とベットバクはありがちですよね。

意図的なのか、事実なのかについては、彼のみが知るところですが……。

 

【2】ホテルへの宿泊は当然お断り

さりげなくホテルに誘われたWさん。

「どんな誘い方だよ」と思ったものの、もちろん自分は寝るところがあるため、普通に断り、家に帰ったそうです。

(1)誘い続ける彼

「その次の日も、私はバイトで彼に会いましたが、普段通りに接してきました。彼は、その日も仕事終わりにホテルに誘ってきましたが、その日は私は、前々から友達と遊ぶ約束をしていたので、断りました。彼は、その後も仕事の後にしつこく誘ってきました。私は彼のことはとても好きだったので、そのような関係になって、悲しい終わりにしたくないと思い、ずっと断っていました」

(2)シフトで会う機会は減るものの……

「彼は、その頃、私たちの職場に新しいアルバイトがたくさん入ってきたことなどもあり、新しいアルバイトを掛け持ちし始め、私と同じバイトのシフトを減らしました。しかし、彼の新しいバイト先の昼の休憩は、私の職場と同じ時間だったため、そのたびにご飯に誘ってくれ、お金も全部彼が出してくれました。何度もめげずに遊びにも誘ってくれる彼に、私はだんだん気を許し、毎日お昼は待ち合わせして、一緒にご飯を食べ、夜も一緒に帰ってどんどん仲良くなっていきました」

(3)誘われ続けるも彼の帰国日に

「私たちは、そのように仲良くなってからは、昼間もご飯を一緒に食べたり、夜もお互いシェアハウスで友達を泊めるのはダメなので、ゲストハウスに遊びに言ったりと、毎日のように一緒に過ごしました。誘われることも多かったです。しかし、そのうちに彼が日本に帰る日が近づいていきました。彼は、大学4年生でしたので、日本に帰ると、就活が待っていました。それに合わせて、日本に帰らなければならなかったのです」

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る