子持つバツイチの悩み…結婚を決心できるまでの経緯とは? 

ネットでも恋バナをしたい! 

みんなの恋愛事情に迫る本企画。

今回は女手ひとつで子供を育てて恋愛をしていたものの、結婚する気になれなかったOさん(34歳・女性)に取材をしました。

 

【1】子持ちバツイチが結婚を考えられない理由

Oさんは頑なに彼氏と結婚をしないつもりでいましたが、現在、結婚をしています。

どのような心理変化があったのでしょうか。

結婚をする気になれなかった理由から伺っていきます……

(1)子持ちバツイチは重荷になるだけ

「付き合った当初、私は夫と結婚するつもりはありませんでした。彼は年下で若くて初婚だから、子持ちのバツイチの私なんて重荷になるだけだと考えていたのです。実際、彼にも『結婚をする気はないよ』と言っていました。彼は『そんな寂しいこと言うなよ』なんて言っていましたが、彼もまたそんな気はなかったと思います」

自分と血の繋がっていない他の男との子どもを育てさせて良いものかと悩んでしまいますよね。

特に、彼からそういう雰囲気が漂ってきたら、なおさら考えてしまいそうです。

(2)娘を傷つけてしまう

「当時、私には2歳の娘がいました。娘と彼を会わせることに、とても悩みました。彼と会わせて、もし娘が懐いたのに別れることになったら、また娘を傷つけてしまうんじゃないかと考えていたんです。ネット等で色々調べ、経験者の話を見たりして、娘と合わせるにしても、まずは私と彼のお付き合いが順調に続いてから会わせたほうがいいんじゃないかと思い至りました」

小さい子どもは特に純粋なので、急に親しい相手と出会えなくなったら傷ついてしまいますよね。

子持ちバツイチの悩みは尽きなそうです……

(3)母にも彼氏の存在を報告できない

「彼と会うときは娘を実母にお願いしてました。母には彼氏ができたことを言えなくて、デートに行くときも『友達と』遊びに行って来ると嘘をついていました。母に彼氏が出来たことを伝えると、きっといい顔しないと思っていたからです。しかし、父は特に反対しないと思っていたので、彼ができたことを伝えることができました」

厳しい家庭だと、彼氏の存在は伝えにくいですよね。

彼氏のことも紹介できないのに、結婚の挨拶なんてできないし、なかなか結婚を夢見ることはできませんよね。

 

【2】バレて家族と大ゲンカしたのをきっかけに……

しかし、Oさんは、あることをきっかけとして、彼氏の存在が母親にバレてしまいました。

その理由というのが……

(1)父の裏切りと反省

「ある日、彼とご飯を食べに行こうと娘を母にお願いしました。楽しくご飯を食べて帰ってくると、母が『よく嘘ついて子供預けられるね!』と大激怒。どうやら父と母が喧嘩した時に、父が暴露してしまったんだとか……。これまで母には、とてもお世話になりました。夫いなく初めての子育てをする私には心強い存在でした。それなのに、そんな相手に対して嘘をついて私。母が怒るのは当たり前です」

彼氏の存在を隠すべきか、1度怒られることを覚悟して素直に伝えるか、悩みそうなものですよね。

(2)ケンカは時間が解決

「しばらく母とは距離を置かれていましたが、その仲は時間が解決してくれました。母も勢い余って怒ってしまったところがあるようで、時間とともに気持ちを整理したようです。母と話し合い、『例え別れることになっても、子供は母親がいれば大丈夫だから!』と言ってもらいうこともできました。そして、これからは娘と彼と一緒にお付き合いしていくことになりました」

脳科学でも、女性は特にケンカをすると感情に任せて勢いで言ってしまう傾向にあることが言われていますよね。

Oさんの家庭も、気持ちを整理し、冷静に話し合うための時間が必要だったのかもしれません。

(3)男性が苦手な娘も馴染めるように

「娘は父親がいないからか私の父以外の男の人が苦手でした。特に若い男の人とは面識がないので、最初彼にも人見知りをしていました。でも、そのうち一緒に遊ぶようになって彼のことを『おにいちゃん!』と呼ぶようになり、彼の家に泊まって一緒にご飯を食べて、お絵かきや塗り絵をしたり、休みの日には遠出をして動物園や水族館へ行ったりして交流を深めていきました」

娘が彼氏を受け入れたことは、Oさんの中で大きな出来事になったと話します。

こうした経験を通して、安心感を得られたため、彼とより積極的に恋愛をすることができるようになったようです。

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る