セクマイの友達を理解したくて! 初めてのレインボーパレード体験談

レインボーパレードの初体験

今年のレインボープライド、レオインボーパレードはオンラインになりましたね!

2020年以前に、初めてレインボーパレードに行った際の体験談をまとめてみました。

 

【1】イベント会場で人に声をかけて一緒に回った経験

私はストレート(ノンケ・マジョリティ)です。最近、親友からのカミングアウトがあったことをきっかけに、自分の理解を深めようと、セクマイに関する本を読んだりしました。その一環で、初めてレインボーパレードにも参加しました。

初めてのイベントで、しかも一人で参加したので、とても緊張しました。当日、会場に着いてから、軽く会場を一周したのですが、自分がセクマイのコミュニティを邪魔しているような感じがして、余計に緊張しました。

一人で会場にいることが心苦しいと感じたため、たまたま近くにいた男性に声をかけて、一緒に会場を回ることを承諾してもらいました。その方は、ゲイの方で、イベントにも何回も来ていて、友達も多くいたため、とても助かりました。

 

【2】みんな優しそうな目をしていた

イベントは、様々な催し物があり、とても楽しかったです。レインボー柄のタオルを購入しました。一緒に回ってくれた方のおかげで、色んな方を紹介してもらいました。みんな、優しそうな目をしていると感じました。

メインのパレードは、参加人数が多いということで、参加できませんでしたので、沿道で見ていました。道路を行進する姿を見て、とても勇気づけられました。

まだまだ一般の人が、多くを理解しているとは言えないのか、そのあたりはわかりませんが……。少なくとも、困った人が乱入して変な騒動が起きるということもなく、無事に行進しているという状況に少し安心しました。

 

【3】まとめ

今回、レインボーパレードに初めて参加したことは、私の中で、また一つ、セクマイの方を理解する助けになりました。

正直な感想を言いいますと、コミュニケーションに、まだ壁を感じました。壁というのは、私も相手もうわべの会話だけをしているような、じれったさを感じました。お互いにフィールドを持っていて、その壁を越えない、越えさせないように気をつけているような感覚です。上手く言えませんが、そこを超えることができれば、コミュニケーションが進むのかなと思いました。

でも、それは、どちらかのフィールドに相手を誘うということではなくて、どちらのフィールドも関係ない、全く新しいフィールドでコミュニケーションを行うという感覚です。そういう感覚が、それぞれが理解し合って、価値観が混ざり合った社会になるのかなと思いました。

きっと、それは今までの歴史があった上で、今があって、さらにその先があることなので、これからも、それぞれがコミュニケーションを止めないことが大切だと思いました。

良いことも、悪いこともあっても、コミュニケーションし続けることが大切だと思いました。このイベントに参加できて、とてもよかったです。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る