コミュニティの重要性! 「多数派」に揉まれて生きているから、「少数派」で集まりたい時もある

コミュニティの重要性! 「多数派」に揉まれて生きているから、「少数派」で集まりたい時もある

筆者は、LGBTの当事者でもありますが発達障害(ASD)当事者でもあり、友人の中にはADHDが数人います。

ジャンルは違えど「少数派」の世界を眺めてみると、なんとなくではありますが「少数派で集まりたい時がある理由が似ているかもしれない」という出来事に対面することがありました。

記事を読まれる方には発達障害について調べなくても読めるよう、専門用語等は出来るだけ外していきますので……ふんわりと掴んでいただけたら幸いです。

【1】「一定以上の共通点」があるからこそ…

最近はLGBT以外の人も入店出来る、ミックス系のお店も増えてきましたが、「○○の方のみ」というお店もありますよね。あれは別に他のジャンルの方々に対して嫌悪であるとかマイナスの感情を持っているというよりは「棲み分け」のようなものではないかとも思うのです。

マジョリティの方からすると、「何故に棲み分け?」と思うかもしれませんが、「日頃マジョリティに揉まれて生活しているからこそ、同じもの同士で息抜きする場が欲しい」と願うものなのです。

というのも発達障害を持つ私やその友人達がそうでして、お互い慣れた発達障害者同士だと話があっちこっちに飛ぼうが、何か変なことをしていようが「いつもの」で済みますし、「感覚過敏が酷くてさあ」と言われればそれに対して理解があったり同じものに苦しんでいたりするので、あれこれと対策を考えることが出来ます。

ところが、そうではない人がいる場合「いつもの」言動は奇異に見られますし、感覚過敏に関してはまず「感覚過敏とは」という所から細かく丁寧に説明しても伝わらないという面倒くささというか、ストレスがかかってしまいます。

息抜きしたいのに通訳という作業をしなければならないのなら、もう息抜きになりませんよね。だから、通訳しなくていい&説明をしなくていい場所はまだまだ必要なんだと思います。

【2】日常生活はトラップだらけ

ある種のマイノリティを抱えている人にとって、多数派が「基本」となる日常生活というのは細かな所にトラップが仕掛けられているようなものです。セクシャルマイノリティでも周囲に隠したい人からすれば些細な世間話も「うっかり妙なことを言っていないだろうか」「多数派ではないと気付かれてはいないか」と細心の注意を払います。

「何故隠すの?」と思う方もいるでしょう。けれど、「隠さなければいじめの対象にされた」等の経験がある人からすればそれこそ自分を守る為なんです。

因みに発達障害者でも社会に馴染みたいと必死になる方は多いのですが、だいたい努力してもやはりどこかでバレるもので「変な子」扱いされることが結構あります。ちょっと隠しきれないんですよね。

とはいえ、方向性は違えど「マジョリティの真似」をするということというのはかなりの苦痛と疲労を伴うもの……と考えていただけると「息抜きの場」が欲しくなる気持ちというのは伝わるでしょうか。

【3】周りが気にしなくても

これはセクシャルマイノリティ当事者としても、発達障害当事者としてもよく言われるのですが、そうでない人から言われる謎の「私は気にしないよ」。これが善意で言ってくれているのは分かっていても、善意として受け取れない時があります。

そうした人全てが苦手だとかではないのですが、こういう方々の中には理解しているようでしていない、誤解に誤解を重ねた「優しさの押し売り」のようなことをしてくることがあるんですよね。

それを受け取るのかどうか、受け取り方もどうすればいいか、まず「勘違いと誤解で出来ている優しさ」を向けられてどうしたものかと色々と考えなければならなかったりと、精神的に疲れることが多いのです。

だからこそ、土台に共通点がある人達と関わりたい、相談したい、精神的な疲れを癒やしたいという選択肢の中に「○○の方のみ」というようなお店があると思うんですよね。

【4】まとめ

セクシャルマイノリティと発達障害に絞って話しましたが、好き嫌いが分かれる趣味を持つ人も「同好の士」が欲しくないですか?

例えばホラー映画が好きという場合、苦手な人からは引かれてしまったり、好きな映画を貶されることもあるでしょう。そうなれば、様々な作品の良さや面白さを共に語り合える存在が欲しいと強く思うようになりますよね。それに近いお話なんです。

とはいえ、「○○の方のみ」というお店などについては他の理由を知る方や、他の問題点を考えている方もいらっしゃるでしょう。何も問題ないというより、その分伸びしろがあるという事でこうしたお話も活発になると面白いかもしれません。

(シキ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る