ネット恋愛には不倫目的が多い…他に相手がいないかどう見極めたらいい? 

ライターの美佳です。それなりにおばさんですが、以前はネット恋愛もしました。最近は本当にネット恋愛が増えていますよね。

仕事で忙しかったり、周りにあまり男性がいない環境だと、ネットは異性と出会うチャンスの場となります。

また、その人の考えが垂れ流し状態なので、相手の性格をよく知った上でお付き合いできて、長く続く恋愛ができる可能性が高いと感じています。

しかし、それを悪用して、奥さんや旦那さんがいるのを隠して不倫する人が多いのも事実です。彼らの見極め方法をご紹介します。

 

【1】ネット恋愛は不倫が多い……

私は、恥ずかしながらネット恋愛で何度か不倫が発覚したことがあります。

生活圏がほとんどかぶることがない上、彼女の存在を隠しやすく、また、彼女からもアカウントを使い分けることで隠しやすいからでしょう。

そこで、こうした経験から、ネットで恋愛関係に発展する場合は相手の男性を見極めるようにしています。

その見極め方をいくつか紹介したいと思います。

 

【2】ネットで不倫相手を探している人の見極め方法

今まで、何度か浮気や不倫をされてきて、相手がいる人の特徴が見えてきました。

そこで、本命の恋人やパートナーがいる人の見極め方をご紹介します。

(1)過度に優しい人には要注意

まず、付き合うまで優しい、親しく接するというような男性は何か裏があると思っていて接するようにしています。

どんなにこちらが相手に好意があっても、必ず相手の男性に期待をしないという気持ちで接するのです。

そうすることで相手も自然とボロが出てきます。例えば、SNS上で他の女の子とも過度に親しくしていたり、過去のやり取りでも似たような手口を使っていることが多いのです。

(2)必要以上の知りたがり

そして必要以上のことを聞いてくる男性も要注意です。例えば、すぐに「東京住み?」などと聞いてくる人は怖いですね。

SHSでは、セカンド彼女が欲しい人や、ヤリ目のような人も多いです。

だから、仮に実際に会っても、もし浮気や不倫、体目的なら直ぐに通報をしたりと、然るべき行動をとる気持ちで接しています。

もちろん相手にもその事を伝えます。そうすると直ぐに相手も警戒したり、自然と離れていくものです。

(3)情報に一貫性がない

SNSは、平然と嘘をつくことができるような環境です。

そのため、何を信じる要素としてみるのか、相手の情報をしっかりと知る必要があります。

たとえ嘘をついても、人はそうそう一貫性を保った嘘をつき続けられません。過去の投稿などを遡ると、矛盾が生じてきます。

特に、結婚をしていても相手を探している人は、直ぐに「彼女がいない」というような嘘をついたり、「結婚をしていない」と嘘をつくことが多いです。

だから、お互いが本当に信頼できるまで、こちらの情報も伏せておくことが大切になるでしょう。

 

【3】まとめ

私はこの経験以来、不倫男性とも必要以上に接することなく平和的に過ごせています。

実は見極めたことで、友達のSNS恋愛の相談にも乗るようになりました。彼女は、SNSでの出会いから、結婚までしています。

相手から必要以上に聞いてきたり話をしたりするような男性とは一切連絡を切ったりして、今の旦那と出会うことができたのです。

だから、もしネット恋愛をしているのであれば、どんな相手でも先ずは相手のことを知るように心がけると良いかもしれません。そして不安であれば、常に信頼できるまで探ることも大切なのではないかと思っています。

(美佳/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る