彼氏・彼女が大好きだけど初恋が忘れられない…その理由ってなんなの? 

初恋の人が忘れられない心理

今は恋愛感情がなかったとしても、初恋の相手をどうしても忘れられない人はたくさんいます。

今の彼氏や彼女、あるいは旦那や奥さんに何一つ不満はない。それどころか幸せ。そんな人まで……。

それってなぜなのでしょうか?

 

【1】忘れられない人っていますか?

筆者もそうですが、いくつになっても結婚しても、忘れられない人がいるという方は少なくないと思います。

そしてそれが大抵の場合、学生時代に好きだった初恋の人です。初恋と言っても幼稚園児のとき、というわけではありませんよ(笑)

甘くて切なくて、胸が張り裂けるような恋愛は、10代の頃しかできないのかもしれません。その人に対しては特別な感情を抱くのかもしれませんね。

初めての恋人にドッキドキ…しかし付き合い方を知らず失敗することも

 

【2】初恋の人は死ぬまで忘れられない…その理由とは

なぜ初恋の人を忘れられない人が多いのでしょうか。3つの観点からご説明いたします。

(1)純粋な“好き”で突き進めた学生時代

ある程度大人に近づいた思春期のときの恋は、激しく燃え上がるものです。私達は大人になれば、結婚も視野に入れて相手を選びますので、年収だとか肩書などのスペックを気にしますよね。

でも学生時代の恋愛には、そういった余計なことを考えることなく、純粋に好きかどうかで進んでいくので尚更印象的に残ります。

ではその人と実際交際していたか、あるいは片思いだったのかは別として、いつまでたっても忘れられずにいるのはいいことなのでしょうか。それとも悪いことなのでしょうか?

(2)思い出も日々のスパイス

私はずっと好きだった相手を忘れられずにいるのは、悪いことではないと思います。

もう再会できることもないその相手を、忘れる事ができずに次の恋に進めないのはNGですが、辛いときにふとあの時のことを思い出して、思い出にふけるのもひとつのストレス解消なんです。

思い出も、ひとつの希望です。希望があるから日々を乗り越えていけるのです。

(3)思い出が美化しているから再会したい

実際に再会したいと思うのも無理はありません。もしかしたら、同窓会などの席で再会する可能性もありますけどね。

なんらかの形で再会して、ハッピーエンドになれれば最高ですが、現実はそんな甘いものではないですよね。

再会すれば当時の面影が無くなっていたり、残念な姿になっていたらショック…ということもよくあります。

ですので基本的には会わずに、当時の思い出を美化して、時々思いだすというのが一番かと思います。古い思い出、特に淡い初恋というのは“いい思い出”として美化されがちです。

元カノから復縁目的の連絡? 彼氏が気づかず返信をしてしまう場面3つ

 

【3】まとめ

初恋の人は本当に印象的で、付き合ってなかったとしても自分の中に残りますよね。

私もいつまでも夢の中にでてくるくらい、好きだった相手がいます。

もうその人も結婚して子供もいますが、私にとって彼はかけがえのない思い出の人です。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る