【回答】異性間ならあるけれど…ゲイにもアブノーマルなエッチってある?

ゲイのアブノーマルなエッチとは?

ゲイにもアブノーマルなエッチはあるのでしょうか。

この点について、まずは“ノーマルとはなにか”を記事中で定義した上で紹介します。

 

【1】ノーマルの定義

今回の記事は「ゲイにもアブノーマルなエッチってある?」ということですが、そもそもノーマルなエッチって何? ってところから入らないと読んでいてわけのわからない文章になってしまいそうですね。

僕の個人的な意見を言わせてもらうとエッチにノーマルもアブノーマルもないと思っていて、お互いに気持ちよくなれればそれでいいのではないでしょうか。しかし、それが命を脅かすものだったり、犯罪につながるようなものだったりする場合はそれこそ“アブノーマル”だと思うので、あまり度が過ぎたエッチはしないほうがよさそうですね。

ですが、一般的には、あまり普通の人がしないもののことを“アブノーマル”だというので、その点から“アブノーマルなエッチ”を考えていきましょうか。

男同士のエッチってどんな方法があるの? どう気遣えばいい?

 

【2】ゲイのノーマルなエッチ2つ

皆さんは「ゲイのエッチ」に対してどのようなイメージがありますか。「痛そう」「激しそう」「そもそも想像ができない」などなど、いろいろなイメージがあるかと思いますが、「身体のふれあい」という意味では、男女間のそれとさほど違いはありません。

男性同士のエッチに見られる特徴としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

(1)挿入する側と挿入される側で役割が分けられる

お尻に挿入する側とされる側がいると説明すると、想像するだけでも「痛いっ」ってなりそうですが、ゲイのエッチはこれらをなくして語ることはできません。

ゲイの間ではしばしば挿入する方を「タチ」、挿入される方を「ウケ(ネコ)」といいます。これがどっちも「タチ」、もしくはその反対であると、エッチの相性が合わないということがよくありますので、本気でエッチを楽しみたいゲイはまずここを重要視します。

(2)さまざまなアダルトグッズを使う

「挿入する・される」という話に触れましたが、何も挿入で使うものは、アソコだけに限りません。

みなさんは「アソコに形を似せたおもちゃ」をご存知でしょうか。

「ウケ(ネコ)」の役割を担う人のなかで、いきなり本物の陰茎を入れられるのに抵抗を覚える人は結構多いです。ましてやそれが大きければ大きいほど、ハードルは高くなります。

ですから、あらかじめ「ウケ」の人はディルドで肛門をよくほぐしてから、実際に「タチ」の人による挿入を受けるのです。

初めてだから怖い…ゲイがお尻を使ったエッチをする際の準備と注意点

 

【3】ゲイのアブノーマルなエッチ2つ

以上がざっくりではありますが、男性同士のセックスのおおまかな特徴です。

しかし、ここまでですと、「別に普通じゃない?」と感じると思いますが、今回のテーマは「ゲイにもアブノーマルなエッチってある?」ということで、ここからは少し変わったゲイのエッチについて紹介していきたいと思います。

 (1)“ドラッグ”を使う

日本では合法化されていないので見られることはまずありませんが、「ドラッグ」という名のセックス用品があるそうです。僕も実際に見たり、使ったりしたことがないので、想像で話すしかありませんが、それを使うことによって、より気持ちくセックスを楽しめるそうです。

アメリカなどで撮影されたと思われるゲイビデオを見ていると、たまに男の人がベッド横から何か小さな容器を取り出し、それを鼻に当てて「すー」っと吸っている場面があります。こ

れがいわゆる「ドラッグ」のことだそうですが、俗に言う麻薬ほど中毒性は強くないものの、日本といった国や地域では使用が禁止されています。そのため、有料制のハッテン場(ゲイがエッチをするための専用の施設)では、ドラッグの持ち込み及び使用が厳禁となっています。

(2)ゴムを使わずにアソコを舐めたり挿入したりする

今では、その名が広く知れ渡るようになった“ゴム”ですが、避妊目的以外に「性感染症の予防」を目的として使われることもしばしばあります。

特に、一般的にゲイの間で流行しやすい(もちろん、それは一般論であって、医学的には男女間でも感染するとされています)と言われているエイズやHIVが認知されるようになってから、ゲイがセックスをするときのマナーとしてコンドーム使用も推奨されるようになりました。

しかし、ごくまれにゴムをつけずにエッチをしたいと言う、怖いもの知らずのゲイもいます。もちろん、このような病気が存在しないのであれば、このようなことをしても問題ないかもしれませんが、実際に病気は存在するわけです。

ましてや、ハッテン場のような見ず知らずのゲイ同士がエッチをする場において、ゴムを装着せずにエッチをすることは、まぎれもなく危険な行為ですし、できることなら控えたいですよね。これがアブノーマルと認識されるのが意外だと思う人もいると思いますが、ゲイにおいてはあまり“一般的”ではありません。

ゲイ必見! ハッテン場での出会いは恋愛にまで「発展」するのか

 

【4】まとめ

世界は広いので、僕の思いつくアブノーマル(もしくは、それに近い)なエッチを紹介しました。ゲイのエッチと一言にいっても、実にさまざまな形があるものですね。

この世には数えきれないほどのゲイがいて、エッチに対する価値観も人それぞれだと思いますから、何がノーマルで何がアブノーマルなのかわかりませんが、お互いが納得して楽しめるなら何でもありだと僕は感じます。

(空気を読みたくても読めないKY/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る