恋人が出来たら友人関係はどうなるの? ~ノンケ男性とゲイ男性の違い~

恋人ができた際のゲイとノンケの違い

ノンケ男性に恋人ができた場合と、ゲイ男性に恋人ができた場合では、その後の友人の付き合い方が異なります。

そこで今回は、友人の付き合い方について、ノンケ男性とゲイ男性では、どう変わるのかを解説していきます。

 

【1】 ノンケに恋人が出来たら…女性との付き合い方

ノンケ男性に恋人が出来たら、女性の友人と距離を取る人が大半だと思います。その理由は、言うまでもなく異性が性対象だからです。

仮に友人でも職場の関係でも、女性と関わる場面では2人きりで会うのは避けると思います。それは、浮気に発展する可能性を無くすためです。

パートナーの女性も、飲み会や職場の付き合いなどで複数人の中に女性がいるのは、仕方ないと感じる方が多いと思いますが、彼氏と他の女性が2人きりで会うのはいい気がしないでしょう。

ノンケ男性の恋愛がゲイ男性に比べて長続きしやすいのは、子供ができる可能性があるからという理由だけではなく、性の違いで区切りやけじめをつけやすいところにあるのではないでしょうか。

 

【2】 ゲイに恋人が出来たら…男性との付き合い方

ゲイ男性に恋人が出来たら、男性と距離を取るというのは中々ありません。理由としては、世の中が男性と女性で区別されているからです。例えば、トイレ、更衣室などは男女に分かれていますし、学校や職場で力仕事が必要な場合にグループ分けする時なども、男女で分ける場面があると思います。

このように、プライベートや仕事に関係なく、世の中は男女で区別されているものが多いので、同性間の距離は何かと近いことが多いです。

また、ゲイ男性が男性と距離を取りにくいのは、ゲイセクシャルだからというのも理由の一つです。

ゲイ男性同士の友人の場合、セクシャリティマイノリティということが共通しています。
この部分が共通していることで、気兼ねない付き合いができるようになります。恋人の悩みや、遊ぶ場所、将来の事などを同じセクシャリティだから話せたり、共有できたりするところがあります。

ノンケ男性が恋人に話せないような悩みを友人男性に相談するように、ゲイ男性も同性で同じセクシャリティ友人に相談したい時があります。そのため、男女間のように性対象だからといって距離を置くのには無理がでてきます。また、同性間は距離が取りにくい分、誘惑も多いので、異性愛間以上に恋人同士の信頼を築く必要があります。

 

【3】まとめ

今回は、恋人ができた後の友人関係について解説しました。

少し理解が難しい部分もあると思いますが、同性だから相談できることって皆さんあると思います。その部分は、ノンケ男性もゲイ男性も同じだということです。

(杉並羊/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です