元カノから復縁目的の連絡? 彼氏が気づかず返信をしてしまう場面3つ

婚活で出会っても恋愛に至らない男性の特徴

彼にその気がなくても、元カノがよりを戻したくて連絡をする場面があります。

普段なら無視する人も、つい返信してしまう場面があるのだか。ケースを3つご紹介します。

 

【1】絶対ヤバいのに…元カノの打算に気づかない男たち

元カノと連絡が来るというだけでゾッとするもの。ただ、友達として接している場合もありますが、女の勘が”危険”を知らせることもあるでしょう。

だからといって、やばいことを彼氏に伝えても、「そんなことはない」「そういう人ではない」と彼は気づかず、慌ててしまう人も少なくありません。

同性でないと気づけない場面は多いですよね。「連絡をとらない、それだけでいいのに……」なんてイラッとしてしまいこともあるでしょう。

ですが、男性は女性の打算や、よりを戻すための嘘に気づかないからこそ、つい連絡を取ってしまう場面があります。

 

【2】彼氏がつい元カノと連絡を取る場面3つ

彼氏がつい、元カノの連絡に応じてしまうのは、どういう状況にあるときでしょうか。

今回は3つのケースでご説明します。

(1)失恋や彼氏との悩みを相談された

たとえ今、恋愛感情がなくとも、嫌いになるような別れ方をしていなければ、情が生まれることが大半です。

そのため、元カノから失恋や彼氏との悩みを相談されれば、元カノのこと、さらには元カノの恋愛傾向を知っている自分が手を貸すしかないと思ってしまうことも……。

代わりがいるものではなく、自分しか手をかせないからこそ、見放すことができない場合もあるのです。優しい性格の人であれば、罪悪感を抱くこともあるでしょう。

(2)同窓会や共通の友人の結婚

事務的な連絡であれば、割り切る人が大半です。同窓会の連絡や、共通の友人の結婚に関する話題であれば、特に警戒することなく返信してしまう人が多いです。

ですが、女性側はそれを知っているからこそ、復縁のために自然を装って近づくことも……。

友人の結婚であれば、そこから彼のプライベート、特に恋愛も詮索しやすいですよね。

(3)緊急性のあるもの

例えば、元カノには友達が少なく、今も彼氏がいないとしましょう。毒親家族で家庭とはうまく行っていない設定を足してもいいかもしれませんね。

このような状況で、元カノから「最近こういう気になる症状があって不安」「道端で倒れて帰れない」「救急車を呼ぼうか迷ってる」などと言われたら、自分しか助けられないと飛び出す人が大半でしょう。

実際緊急性の場合もありますがら、「会いたくて……」なんて言ってきたら、男性側もイラッとするはずです。

 

【3】まとめ

普段は無視するような男性が元カノからの連絡に応じたとき、何からの事情があることが大半です。

それにつけこみ、復縁を迫るような人であれば、彼を責めずに対応をする必要がある場合もあるでしょう。

彼側にアプローチする場合には、「こういう女性もいるらしい」など、伝聞調で伝える方法も。過去であっても愛した人を否定することは、彼自身の見る目や交友を否定することに繋がる可能性があるため注意しましょう。

(美佳/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る