メンヘラには2パターンいる! モテる人とモテない人の違いとは?

メンヘラというとモテないイメージがあるかもしれませんが、男性に「可愛い」と思われる女性もいます。

そもそも、女性のほとんどはメンヘラ的な要素を持っていると言われているのですから、全員がモテないわけがありません。

男性目線で、モテる人とモテない人の違いをご紹介します。

 

【1】モテないメンヘラの特徴

メンヘラには2パターンいます。モテるメンヘラの人かモテないメンヘラの人の2つです。まずはモテないメンヘラについてお話をしようと思います。

(1)自分を傷つける

自分自身を傷つけていくのがモテないメンヘラの特徴です。例えば何かあると自分のせいだと責めこんだり、マイナス的な考えをしてしまうと周りからも心配はされるものの、面倒だと感じてしまいます。

構って欲しいという気持ちも多いため、SNSなどで情報を流して構って欲しいアピールが多いのではないかと思います。

(2)直ぐに「死にたい」と感じている

何かある度に死にたいと思っていたり、どうせ私なんてというような差別的な考えをする人も同じです。

他の人たちと差別をしてネガティブになってしまったりする人はあまりモテません。

(3)自己中心的

自分が全て、というような考えの人もいます。私を大事にしてくれる人を大事にする、というようなスタンスであっても実は自分のことしか考えていないというパターンが多いです。

自己中心的な人は周りを巻き込んでしまうこともあるので、気を付けるようにしましょう。

 

【2】モテるメンヘラの特徴

次にモテるメンヘラの特徴についてです。モテない人とモテる人の差を探っていきましょう。

(1)相手を気遣う

相手を気遣うことができる人はメンヘラでなくてもモテますよね。ですが、相手を気遣うことのできるメンヘラな人は、先ず自分のせいで相手がこうなった反省し、素直に謝ることができる人がほとんどです。

そこから「大丈夫?」というような形で心配をしたり、反省をして次に活かす姿勢がある人は相手からも安心することができモテるのです。

(2)成長できている

何かある度に自分自身を責めることがあっても、次は気を付けるという姿勢がモテる要素です。

そのまま相手を責め続けるのではなく、自分にも非があるという主張をして、成長をすることができる人ほど好感が持てます。

(3)メンヘラでも明るい

メンヘラな人であっても笑う時は笑う、悲しむ時は悲しむというような喜怒哀楽を持っている人、そして明るく前向きな人ほどモテます。

メンヘラというのは「何か問題を抱えている」という人たちのことを指すのですが、決して皆が自分自身を傷つけたり責めたりするということがありません。

メンヘラな人でも何か問題があったとしても明るいような人は自然と周りからも慕われることが多いのではないかと思います。

 

【3】まとめ

もし自分自身はメンヘラかもしれない、と考える人も多いですよね。ですが前向きに明るく、ポジティブにという言葉が大切になります。

傷つけてしまったり、自分を責め込みすぎて鬱などにならないようにすることも大切なので、難しいかもしれませんが、楽観的に考えるようにしましょう。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る