高嶺の花は本当に男性にモテるの? 雰囲気で周りは好きだと言っているの?

高嶺の花と言えば、クラスのほとんどの男性から好意を寄せられている存在。

そこまでモテると、本当に男性にモテているのか、モテている雰囲気から「好きだ」「付き合いたい」と言っているのか分からなくなりますよね。

この現状について、男性の一人として考えていきたいと思います。

 

【1】学校に一人はいる高嶺の花

学校には十人十色、様々な性格な人がいますよね。ギャルな人もいれば、清楚感のある人、真面目な人や律儀な人…好みなどによって、男性は様々なタイプに好意を寄せます。そんな中でも、多くの人に好かれるような高嶺の花が、学校に一人くらいは存在したのではないでしょうか。

特徴を簡単に言えば美人であり可愛い、とても親切で笑顔も明るい、相手のことを思いやれる、八方美人ではなく信頼感もある性格の良い人…というような感じです。と言った条件から、高裁のハードルが高い人のことを指します。ハードルが高いと思われる理由は、男性側から告白をしても振られる可能性が高い、過去に付き合った人がいないから。

男性からすると憧れの人でもあり、付き合いたいと思う人も多いはずです。女性視点なら、性格が良くモテるタイプなのに彼氏がいない人を想像すると分かりやすいかもしれません。そんな高嶺の花は、チヤホヤされているから「好きだ」という男性が増えていたのか、本当にほとんどの人の心を掴んでいたのか、どうなのでしょうか。

 

【2】“高嶺の花”は本当にモテていたのか考察

男子からすると、ダメ元で告白して玉砕…というようことが多いと思います。記念告白みたいな感覚の人もいた印象ですね。

高嶺の花は、モテたいことを利用として性格が優しかったり、思いやりがあるという訳ではありません。言うのであればありのままの姿の自分を出しているということになります。

高嶺の花の人というのは基本的にモテたいから性格を作っているということではなく、素の自分を出し切っているからこそモテているのです。

実際に周りの人たちも雰囲気で告白をしていたりするのではなく、本当に魅力的に感じるからこそ高嶺の花と呼ばれるわけです。

 

【3】まとめ

高嶺の花はモテたいと思っておらず、いつの間にかモテているという感覚が多いです。そんな女性に男性は惹かれてしまい、でもハードルが高いと思ってしまいがちです。

ですが周り皆が高嶺の花扱いをしてしまうと、その人から壁ができてしまい離れてしまう可能性が高くなります。その様な壁を作らず、すんなりと素で話し合うということも大切になるでしょう。相手も喜ぶかもしれませんよ。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る