障害者雇用問題…採用が“義務”だからこそ扱いが酷く3月には退職する話

障害者雇用の実態

今までアセクシャルについて話をしてきたのですが、実は私は障害者でもあります……。それも、重度うつ病による精神障害者2級のタイトルがついています。そのため、私のポジションは日本人>女性>精神障がい者>アセクシュアルと言う結果になります。

私がうつ病になったのはよくある話で、過重労働。月に120時間も残業をしていました。現在は、なんとか仕事をする事も出来るレベルに回復し、サラリーマンをしながら兼業ライターをしています。

 

【1】障害者雇用制度

現在日本では障害者雇用制度という法律があり、従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者・知的障害者・精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります。

第四十三条 事業主(常時雇用する労働者(以下単に「労働者」という。)を雇用する事業主をいい、国及び地方公共団体を除く。次章を除き、以下同じ。)は、厚生労働省令で定める雇用関係の変動がある場合には、その雇用する対象障害者である労働者の数が、その雇用する労働者の数に障害者雇用率を乗じて得た数(その数に一人未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。第四十六条第一項において「法定雇用障害者数」という。)以上であるようにしなければならない(雇用者雇用促進法43条第1項)

そして、民間企業の法定雇用率は従業員数に対して2.2%の障害者雇用することが義務付けられ、私はこの法律のおかげで何とか、自虐気味ですが…その“ポンコツ枠”で就業をしています。

精神障害者手帳はもらうべき? メリットとデメリットを取得者が公開

 

【2】“義務”で採用し、存在を隠す会社の実態

特に今は厚労省がうるさくなり、障害者雇用の法律を守らない企業には罰則を設けているために、障害者雇用が促進をされています。しかし、法律=企業が本当に障害者を受け入れているかと言うと、残念ながらそうではなく、“義務”だから障害者を受けているという現実があります。

筆者の場合、出社一日目に部署の方にも紹介もされることもなく、また、部署の役職のついている方しか私の障害を知らず、あたかも透明人間のように仕事のポジションを与えられ、仕事をこなす毎日に至ります。ただ、やはり安定した雇用形態で、それなりの大企業に勤務出来る、という事でこの度就職をすることに至りました。

実際に働いててみると、アセクシャルなのもあって、マイノリティーのラベルがもう一つ増えた形になった、というのが本当のところです。正社員がいて、派遣社員・契約社員の方がいて、そして私という“ポンコツ”枠で構成されるピラミッド。

私自身、障害に関して何のコンプレックスも抱いていないのですが、部署の“上の人”しか知らないはずの私の障害は、そもそも私の前任者の方が障害者であったこともあり、なんとなく他の方にも知れ渡り、“不思議な違和感”を持ちながら仕事をしている毎日です。

そこで、思ったこととは、やはりマジョリティーというのは、マイノリティーの事を、疎外はしなくても「面倒くさい」存在に考えがちではないかという事です。

一緒に仕事する正社員の年下の女性およびほとんどの人は、“目を合わせる”のもしてくれない。そして、上司は私の経歴を見て、外資金融でバリバリ働いてきたことを理由に、雇用契約書に記載されていた以外の仕事を振られる。驚いたのは、昨年夏に肺炎で2週間の休職時には、診断書と診察の為にクリニックに行く時間を人事部に尋ねられ、当日クリニックに行くと人事の担当者が待ち構えている…などとストーカーまがいのことまでされたのです。

私はホトホト私への“管理”に嫌気がさし、私は来る3月末に退職をすることを決定しました。話を聞いてみると、“障害者の”前任者も“ちゃぶ台を返すように”突然やめてしまったそうです。やはり、マイノリティーは生きにくいのでしょうか……。

精神的な疾患や身体的な障害を抱える人必見! 自立支援医療制度とは?

 

【3】まとめ

障害者も生活できるよう、就職では障害者枠が設置されています。

しかし現在、SNSなどを見ると賃金の格差(能力があるのでこれは仕方ないと思う)や、扱いの酷さなどがよく問題視されています。

その氷山の一角として、今回についてお話しさせていただきました。

(田中裕子/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る