バイセクシャル×レズビアンの恋愛模様…うまくいかない理由は? 

バイとレズビアンがうまくいかない理由

レズビアンは女性を恋愛対象としますが、女性のバイセクシャル等とも恋愛をします。

その際の恋愛について考察していきます。

 

【1】バイセクシャルとレズビアンの恋愛は上手くいく?

バイセクシャルの人は男性と女性を恋愛対象とするセクシャリティです。ですので、バイセクシャルの方とレズビアンの方のカップルもいらっしゃいます。

しかし、バイセクシャルの方は男性も恋愛対象に含まれるため嫉妬の幅が広くなります。そして、恋愛対象の違いから生まれる溝というものがあります。

今回は「バイセクシャルとレズビアンの恋愛と問題」について考察します。

 

【2】異なるセクマイの恋愛と問題

レズビアンの人は、ときとしてバイセクシャルとも恋愛をします。その際の恋愛模様と、セクシャリティの違いゆえに起こる問題をご紹介します。

(1)恋愛対象が女性を含むので基本的にレズビアン同士のカップルと変わらない

どちらも女性を恋愛対象であるので、基本的にはレズビアンカップルとは変わりません。

お互いに恋愛感情があり、長いお付き合いをしているバイセクシャルの人とレズビアンの人のカップルはいらっしゃいます。

ですが、セクシャリティの違いから上手くいかない要素があります。

(2)レズビアンの方からバイセクシャルの方への嫉妬の幅が広い

セクシャリティの違いから上手くいかない要素とは、バイセクシャルの方が男性も恋愛対象になることにあります。

女性だけが恋愛対象であるレズビアンの方からすれば、バイセクシャルの方は男性も恋愛対象になるので嫉妬の幅が広くなってしまいます。

男性にも女性にも嫉妬の感情をレズビアンの方は抱くことが多いのです。

(3)レズビアンの方はあまりバイセクシャルの方を好まない傾向が多い

今のレズビアン界隈は、バイセクシャルの方とのお付き合いを避ける傾向にあります。やはり、男性にも女性にも嫉妬の気持ちを抱いて疲れてしまうとのこと。

そして、自分よりも男性を選んでしまうという考えや実際にお付き合いをしていたのにも関わらずいきなり男性と結婚すると別れを告げられるパターンが本当にあります。

それ故にバイセクシャルを避けるレズビアンの方が多いのです。

 

【3】まとめ

バイセクシャルの方とレズビアンの方のカップルは女性が恋愛対象というのもあり、長くお付き合いをしていらっしゃる方々もいらっしゃいます。

しかしセクシャリティの違いから嫉妬が多い、そしていつか男性を選んでしまうのでは?という不安が恋愛を上手くいかなくさせる要素となっています。

それ故に悲しいことですが、セクシャルマイノリティの中でも恋愛対象の違いから溝が生まれているのが現状です。

(みなと/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る