「私って、アセクシャルなの?」と気が付くのに50年…エッチで肌を重ねるのは気持ちよい

アセクシャルだと自認するのに50年。人とエッチしてみて…

性嫌悪などなく、性に関する知識も人並み。

そんな自分がアセクシャルだと気づくのには、50年もの月日を要してしまいました。

 

【1】性に関する知識はあったのに…

性に関しては「人並み」の知識は持ってはいたと思っていたけれど、どうも実際は違うらしい、と気が付くのに、人生50年かかってしまいました。

戦国時代の織田信長は、舞を舞いながら、「人生50年~」詠んでいたそうですが、戦国時代に私が生まれていたら、自分のセクシュアリティを知らずに死んでいたかもしれないですね。

LGBTと世に叫ばれる中でたまたまアセクシュアルという言葉を知り、「あ、これ、私!」と気がついたんです。

アセクシャルという言葉を知らず、世間の目を気にして…結婚してしまった人の話

 

【2】アメリカで留学していても…アセクシャルという言葉を知らなかった

大学はアメリカの大学に留学したので、英語には自信があったのだが、性的なボキャブラリーが足りなかったのでしょうか?

または、最近のLGBT運動にそんなに注意を払っていなかったせいであろうか、アセクシュアルという言葉は全く初めて聞く言葉ではありましたが、私の生き方はまさにアセクシュアルでした。

男性にも、女性にも性的興味がわかない。そして、性的行為に興味がわかないし、でも、実際、性的行為はやってみないと分からないから、と思い大学時代にエッチを遅まきながら経験しました。さながら人体実験ですね。やはり、エッチには魅力を感じませんでした。

アセクシャルが受けるマウンティング…実家とさえ疎遠になる悲しさ

 

【3】エッチで肌を重ねるのは気持ちがいい…でもそれ以上のことはない

エッチは「肌を重ねる」という意味では気持ちよかったです。暖かい。やはり、人間のはだというのは暖かい。抱かれる、というのは気持ちいいものですね。

しかし、私は、挿入される行為や、体液が流れるなどなどが気になり、何となく、セックスというのは生々しい行為なのだな…という実感しか伴わず、エッチのパートナーには悪いのですが、「イッた」ふりをしておきました。

ただ、イかない私自身に疑問を感じ、その後、何回かパートナー(異性)とセックスを試みることになります。実際、インターネットでエッチの相手を募集してエッチをしたくらいです。

それでも、な~んかな…という気持ちはぬぐえなかったです。だけど、自分自身に自分が精神的に欠落しているなどという気持ちというものは沸き起こることもなかったのです。

ある意味ラッキーだったのかもしれないですね。自分がストレートでないことに悩み、苦しむ人が大勢いることも事実なのですから……。

アセクシャルのエッチに対する不安…具体的にはどんなものがあるか聞いてみた

 

【4】まとめ

アセクシュアリティであることに対して私はネガティブに思ったことはありません。

恋愛感情なしでも友情でつながっていることが出来るし、今のまったくのアセクシュアルな自分が心地いいのです。

(田中裕子/ライター)

記事を拡散する

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

10万とび50歳(笑)なのに、つい最近まで自分がアセクシャルであることに気が付かなかったノホホン女子 。社会人3年経験後に、思い切ってアメリカ留学。金融に勤務後にうつ病で、障害者認定…。それでも、明るく×2にゃんずと暮らしながらアセクシュアルであることに誇りを持って楽しくライターをしています。性的に気持ちいいことは抱っこ。嫌悪タイプではなく、暖かい人肌が大好きです。