Xジェンダーだから? 男らしさを追求する男性に惹かれない心理

男らしさを追求する人に魅力を感じないXジェンダーの理由

私は出生時に定められた性は女性ですが、Xジェンダー(無性)なので、男でも女でもないと感じていません。

最近、「男らしさ」を追求する男に惹かれない…ということに気がついてしまいました。

 

【1】Xジェンダー、恋愛対象は?

恋愛は男性としかしてきませんでした。なぜなら、その方が世間ではすんなり行くから。

女性と交際できないのか…と言われれば、交際できますし、キスも容易に想像ができます。さすがに体が交わるとなると、未知数すぎてわかりません……。

私自身、自分自身への性の意識がないからこそ、「男だから好きになる」ということもないのですが、女性とは、「女友達」という別の付き合い方の方が何かと都合がいいかなと思っていたりします。

「恋人関係になりたい!」という願望が特別あるわけではないので、「お互いに親密な関係を気づけていればいいじゃん?」って思って今います。

「その人に触れたいと思わないの?」と思うかもしれませんが、それぞれその人にあった距離感があると思っています。だから気にしません。もしかしたら、面倒なことが嫌いなだけで、ちょっとパンセクシャルっぽいかも。

性同一性のFtXとは? 当事者だと気づいたきっかけとジェンダーバイアス

 

【2】男らしさを追求する人に惹かれない理由・心理

パンセクシャルなら、「その人の個性」を最も大事にするのが基本だと思うので、「男らしさを追求する人に惹かれない」というと、「ううん?」と思うかもしれません。

ですが、これってもしかしたらXジェンダー的な特性が関わっているのかな…なんて思ったり。その理由を3つご紹介します。

(1)“バイアス”が強い人が苦手

一番大きな要素だと思いますが、Xジェンダーの人って、“男性はこうあるべき”“女性はこうあるべき”という性のバイアスが苦手な人がとても多いと思うんですよね。

私もその一人だからこそ、“男だから女性に対してこう振る舞うべき”というのは違和感を覚えてしまうのです。

例えばエスコートとか、重い荷物を持つとか。もちろん、彼の方が筋力があれば重い荷物を持つのは、「自分の方が負担がない・適しているから」という点で気が効くな…と思うのですが、私は力がかなりあるので、相手もそれを知っている上だと、過度な“女の子扱い”にげんなりしてしまうのです。

(2)無理をしてる=魅力的でない

私は自分で会社を持っているので、正直サラリーマンの多くよりも給料があると思います。私の知り合いなら、もちろんそのことを知っていることでしょう。

ですが、“男だから”という理由だけで奢ってくださる男性も多くいらっしゃいます。気持ちは嬉しいですよ。でも、私は折半したところで痛くありませんし、むしろ奢っても対して負担にはなりません。

対して相手は、超安月給で苦しい生活の中、なんとか奢るお食事代を工面してくれていたりするので、「そんなに無理しなくても……」と思ってしまうのです。ありがたくはあるのですが、申し訳ないことに“男として”ということに縛られている彼が痛々しくさえ感じてしまいます。

(3)男らしさを確認する人が多い

筋肉質で仕事優先人間で…というよく言われる“男らしい”人は、その人が生育環境によって築き上げてきた個性だと思いますので、魅力的だと思います。

ですが、“男らしさを追求する”という人は、男としての自信のなさからか、「俺って男らしいよね?」「頼りがいあるよね?」など確認してくることの多いこと。

そもそも、バイアスのかかった話が嫌いなので、聞くだけでも強いストレスを感じるのですが、“自分らしさ”を捨てて型にはまり、まずから個性を捨てているように感じて、「中身のない人間だな」と思ってしまいます。

【性分化から解説】セクマイが生まれる理由・脳や行動に性差がある理由

 

【3】まとめ

Xジェンダーの一人として感じるのは、故意に“男らしくあること”を目指す人は、言動などから性的なバイアスが鼻につきやすいのかもしれません。

また、個性を捨ててまでそれにしがみついているように見えてしまうからこそ、魅力を感じないのかもしれないと思いました。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る