配慮が大事! ダイエット中の女性がデートで気を付けたいポイントとは?

ダイエット中の女子がデートで気をつけたいこと

ダイエット中であっても、恋人とのデートでは気遣いが必要です。

ここでは、ポイントを3つ確認していきましょう。

 

【1】ダイエット中であること打ち明けて欲しい男性はいない!?

好きな人の前では正直でありたい。これは本当に理想的で、そうありたいと皆が思っています。しかしながら、実際のところはどうなのでしょうか。

もしも、あなたがダイエット中なのであるならば、女同士であれば理解が得られるかもしれませんが、彼氏にはそのことを知られないほうが無難です。そして、そのような努力は陰ながら行うのが嗜みです。

でも、「自分からは言わなくてもバレるかも?」と心配かもしれませんね。デート中に気を付けたいポイントをお教えします。

 

【2】デート中に気をつけたい言動3つ

ダイエットをしていることを悟られてしまうことなくデートを楽しむためには、次のことに気を付けましょう。

(1)「あんまりお腹が空いていない」と言わない

ダイエット中ならば、デート中でも節制したいと考えるかもしれません。「好きな人の前でお腹がポコッと出たら恥ずかしい」など理由はあるでしょう。

でも、食事はデート中の楽しみのひとつです。お互いの好き嫌いを語ったり、美味しいものを食べる幸福感を共有したり。

また、あなたはお腹が空いていなくても恋人はお腹が空いているかもしれません。あなたが食事に乗り気でない様子ならば、恋人は空腹を我慢することでしょう。

それではせっかくのデートが楽しくありません。ダイエット中であったとしても、相手に合わせられる柔軟性を持つと決めていれば、問題は解決です。

(2)シェアを提案する

恋人は彼女を喜ばせようと常に思っています。例えば、「アイスクリームが美味しそうだから、御馳走する」と言われたら、断ってはいけません。

では、どうすればいいのでしょうか。こんなときはあなたから、「今はたくさん食べられそうにないから、シェアしよう」とお願いモードの提案をするのです。

こんなふうに伝えれば、可愛らしさや合理性を感じることはあっても、「ダイエット中か?」と裏を読む人はいません。

(3)彼氏の食事に嘴を挟む

ダイエット中はあれこれと知識を詰め込み、頭でっかち状態になりがちです。そのため、恋人の食事内容ににわか知識を駆使し、「野菜が少ない」「食べ過ぎ」など、あれこれ嘴を挟みたくなることもあるでしょう。

でも、それはタブーです。あなたは彼女であって、母親でも奥さんでもありません。恋人が美味しく食事を楽しんでいるなら、今はそれでよしとしましょう。

また、あなたは食事量をセーブしているかもしれませんが、相手は違います。ダイエット中のストレス解消の矛先を恋人に向けるのは誤りです。

 

【3】まとめ

いかなる状況でも恋愛を楽しまなければ損です。そして、ダイエットと恋愛の両立は不可能ではありません。ただし、恋愛にダイエットのストレスを持ち込まないよう気を付けましょう。

ダイエット成功の暁には恋愛にも弾みがつき、もっとハッピーな毎日が待っています。

(うしろふじ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る