パンセクシャルが実際に言われた…「選びたい放題でいいね」に対しての考え方

パンセクシャルやバイセクシャルが言われる「選び放題でいいよね」への返し方

私は恋愛をするに際して性別を意識する事がないパンセクシャルです。そしてその事はタイミングがあればカミングアウトをしています。

カミングアウトをすれば特に反応なくスムーズに話題な沿って話をする人も居れば、興味本位でパンセクシャルに関して深堀りする人もいます。

今回は深堀りされた中で一番多い事象から考えていきたいと思います。

 

【1】鉄板の言われる言葉「選びたい放題でいいね」

この言葉は相手の性的嗜好関係なく、よく言われます。パンセクシャルだけでなく、バイセクシャルの人も言われるかもしれません。

私には言葉の裏側を読み解く力は無いので、嫌味なのかどうかはわかりません。

確かにジェンダー関係なく恋愛が出来るので選択肢は増えると考えられるのかもしれません。

しかし、恋愛において選びたい放題と捉えているのか、一回きりの関係において選びたい放題なのかそこが不確かです。後者であれば確かに選びたい放題かもしれませんね。

 

【2】鉄板の返す言葉「私にも好みがある」

鉄板の質問には鉄板の返しがあります。

私の場合、「選びたい放題でいいね」と言われたら「私にも好みがある」と大体答えます。例えば恋愛においても、一回きりの関係だとしても、人間的な好みはあるわけです。割と当たり前なことです。

しかし、発言者は自分とは違う感覚というだけで「選びたい放題でいいね」という言葉が出てくるので、当たり前のことを返すとすんなり納得してもらえる事が多いです。

それでも面白おかしくネタにしてくるようであればその人とは人間として相性が良くないと切り捨てます。

似たような言葉で「私のこと狙わないでね」もよく言われますが、それも「私にも好みがある」と返してしまいます。万が一、彼女のことを狙っていたとしてもそのように面白おかしく言う人は私は冷めてしまいます。

 

【3】まとめ

どうしても周りと違う。性的嗜好が少数派となると、傷つく言葉を言われることは度々あります。性的嗜好が少数派の人は言われて当たり前というような風潮がまだあると感じます。

しかし、相手が異性で無いだけであって、特殊な性癖があるわけでも無いのに言われるのは理不尽であると考えます。一般的な考えを持っていないわけではありません。ただ相手の性別が関係ないだけです。

私はすべてを理解してもらおうとは思いませんが、共通点を1個でも見つけられると相手からの態度も変わるのではないかと思います。

少数派が言われっぱなしにならないといけないということはなく、主張をしてもいいと思います。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る