エッチで涙が出て混乱…泣かれた側が言ってはいけない言葉3つ

エッチで泣かれたときに言ってはいけない言葉

なぜかエッチした際に涙が出てしまう人も半数ほどいます。

そこで、対策とともに、それを見た相手が言ってはいけない言葉をご紹介します。

 

【1】なぜか涙が出てしまった…取れる対策はあるの? 

以前にもご紹介いたしましたが、エッチで涙が出てしまうのは痛かったりトラウマがあったりすることを除いて、多くは自然な反応です。

そのため、残念ながら涙が出ないように対策を取るのは難しいでしょう。

幸せホルモンとも呼ばれるオキトキシンが出過ぎないように…など対策を取ろうとすればするほど、エッチ自体を楽しめなくなってしまうはずです。

ですから、涙を見て戸惑ってしまってもそういうものだと割り切った方が良く、また相手もあまり深く追求しない方が良いです。

エッチの涙に戸惑う男女は多い…メカニズムと理由を徹底解説! 

 

【2】さらに混乱を招く…言ってはいけないセリフ3つ

困惑するとついつい言ってしまいがちなNGワードがたくさんあります。

特に多いと思われるものを3つピックアップ致しました。

(1)「泣かないでよ」

涙を見せられると、戸惑ってしまいますよね。なにか嫌な思いをさせてしまったのかな…と不安になってしまう人もいるでしょう。

笑顔になってほしくてついつい「泣かないでよ」なんて声をかけてしまう人は多くいますが、泣いている方はなぜ泣いているのか、どうすれば泣き止むことができるのかわかっていません。

そんなことを言われれば、ますますパニックになって泣いてしまいます。

(2)「俺だって泣きたい」

混乱しまくった結果、「俺だって泣きたいよ」と言ってしまう人もいます。相手がなぜ泣いているかわからず、理由もわからないのに深く傷つけてしまったものだと思うからです。

自分も耐えているんだから、泣くのをやめてほしい…ということですね。ですが、先述の通り泣き止むことなんて困難です。

それだけでなく、「俺だって泣きたい」なんて言われたら深読みしてしまい、「自分としたくなかったの?」なんて大号泣してしまうかもしれませんよ。

(3)「自分も悪いじゃん」

明確に泣く理由がわかっているケースとして、ワンナイトの関係だった場合があります。特に女性は寂しい思いや過剰なストレスによる衝動的な思いから関係を持ってしまうことがあります。

エッチが終わり冷静になって、あまりに自分が自暴自棄になり大変なことをしでかしたことに泣いてしまうのです。自分自身の過ちに後悔し反省しているのに、「自分も悪いじゃん」などと追い討ちをかけられたら、ワンワン泣いてしまうでしょう。

男性側も自分が悪いように言われている気がして困惑するかもしれませんが、そういう場合はそっとしておくのがベター。もし人の温もりが必要そうな相手なら、とりあえず落ち着くまでじっと撫でておくのも良いかもしれません。

エッチ中毒になると困る人も多い…中毒になりやすさ簡単診断テスト

 

【3】まとめ

たとえ混乱したとしても、責めるような発言をしてはいけません。

涙が出てしまった方もどうして良いかわからないのです。まずは落ち着くまでそっと寄り添ってあげましょう。

(Amy/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です