【連載】最近の世間のトレンドも! ジェンダーレスファッション〜5月編〜

家にいることが増えて、最近のトレンドがわからなくなっている人も多いでしょう。

簡単に5月の世間でのトレンドを押さえた上で、オススメのファッションをご紹介します。

 

【1】5月の世間のトレンド

5月は気温差が激しく、何を着ればいいのか分からない季節です。

そんな春の定番はトレンチコート。インナーを選ぶ必要もなく、着回しもしやすくとても楽ちんです。

カジュアルさでいけばマウンテンパーカーを多く見かけました。これは性別関係なく着ている人が多い印象を受けました。今年トレンドとして復活してきたのはジャケットです。ジャケット=男性というイメージが強いですが、性別関係なくジャケットがトレンド入りしました。

昨今、ファッション業界はジェンダーレス思考の洋服が多く見かけます。2020年春夏コレクションで多く見受けられたのが「ボタニカル柄」。服を買いに行くとボタニカル柄が多数見受けられました。そのため、アウターはシンプルなトレンチコートやジャケット、インナーにボタニカル柄を取り入れるというコーデがトレンドでもありました。

 

【2】気温差がある時期にオススメのファッション5選

5月は気温も高くなり、アウターの選択が難しくなります。そんな時におすすめのアイテムをご紹介します。

(1)コーディガン

鉄板のアイテムであるコーディガン。外と中の温度調整にも活躍します。

スキニーパンツと合わせることによってYラインシルエットが出来上がるのでシュッとしたシルエットが出来上がります。

(2)テーラードジャケット

旬のカラーであるベージュで爽やかな印象をもたせることができます。

テーラードジャケットというと、きっちりした印象がありますが、最近のトレンドは少し大きめのサイズを着てカジュアルに見せるのがトレンドです。

(3)サマーニット

下旬頃から気温が更に上がるとアウターが必要なくなってくるケースもあります。そのときにおすすめなのがサマーニット。その中でも七分袖のものを選択すると、室内の冷え込みも多少カバーできます。

サマーニットを取り入れるだけでシンプルかつオシャレ感を出すことが出来ます。

(4) ビッグTシャツ

万能なのがビッグTシャツ。スキニー、ワイドパンツ関係なくも合わせやすいです。

今年のトレンドカラーのホワイト&ベージュカラーのTシャツでも良ければ、ボタニカル柄のTシャツを着てコーディガンを羽織ってもいいかもしれません。

(5)テーラードパンツ

ワイドパンツが最近の流行ですが、テーラードパンツも人気があります。それはシルエットが綺麗に見えるのと、年代関係なく自然に着ることが出来るからです。

上記で記載してきたアウター、インナー全てに合うと言っても過言ではありません。

 

【3】まとめ

5月は気温によって着るものが難しくなりがちです。暑いと思ったら寒い。寒いと思ったら暑いというのが頻繁にあります。

そんな時に備えてインナーをTシャツにして薄手のアウターを着るのがおすすめです。

昨今、ファッションは性別関係なく自由にという風潮があります。自分の身長、カラーに合わせて楽しんで頂けると幸いです。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る