好きな人の性別で思考も変わる…セクシャルフルイティティの感覚

セクシャルフルイディティは、性自認が男性になったり、女性になったりと揺れ動く人のことを言います。

揺れ動くきっかけは、人によって様々です。

私は、このマイノリティを自認していますが、私の場合には、好きになった人の性別がきっかけになっていると感じます。

そこで、男性を好きになったときと、女性を好きになったときの感覚をご説明します。

 

【1】セクシャルフルイディティとは

Xジェンダーは、男性でも女性でもない、もしくはどちらでもあるというように、性に対する認識がはっきりどちらかだと言えない人のことを言います。

また、トランスジェンダーは、自分の生物学上の性別と異なる性自認がある人のことを指しています。

彼らと違って、セクシャルフルイディティは、男性だと感じるときもあれば、女性だと感じるときもあり、こうした性自認が揺れ動くのは、何らかのきっかけがあることが多いと言われています。

 

【2】好きになった相手で性自認がどう変わる?

私の場合、そのきっかけは明確で、好きになった相手が男性なら女性に、女性なら男性へと変化します。

性自認が男性、女性になったから、女性、男性を好きになるのか、あるいは人を好きになったから合わせて性自認が変わるのか、どちらなのかははっきりしていません。

しかし、確実に言えることは、人を好きになった場合に、好きになった人の性別と逆の性別らしさが日に日に強まっていくということです。

そこで、性自認の変化をご紹介します。

(1)男性を好きになった場合の変化

男性を好きになった場合に、女性的特徴を強くアピールするようになります。

他の女性と比べても、かなり女性意識が強く、人によっては女を売りにしていると感じるかもしれません。

あざとい服を選んだり、男性ウケするような言動を心がけ、メイクも1時間くらいかけてナチュラルメイク風のものをします。

正直、かなり積極的に攻めるので、女性から嫌われることも多いのですが、「彼が好きになってくれたら、他には何もいらない」と思うくらいに、1つのことしか見えなくなります。

また、付き合ってからは、彼に守られたいと思うし、束縛したいと思うので、メンヘラだと思われることが多いです。

(2)女性を好きになった場合の変化

女性を好きになると、とにかくスカートを履くのが苦痛になります。そのため、毎日ズボンを履き、髪もバッサリショートにしてしまいます。

刈り込みにも憧れていますが、周りに止められるので、さすがにできませんね……。ピアスもガンガン開けたくなり、いかつい服装をするようになっていくことが多いです。

不思議と、意識としては生物学的に女性だからか、男装といった感じで、コスプレをしているような感覚さえあります。

女性と付き合ってからは、男気を見せようとかんばりますし、筋肉があるので、力強さを見せたいと感じます。また、女の子を守らなきゃいけないという心理から、デート代は全て出してしまいがちです。

(3)その他の性の人を好きになった場合の変化

女装家の人やトランスジェンダーの人を好きになった場合、自分がどちらの性であるべきか迷うのか、とてもフラットな状態にあることが多いです。

生物学的に女性のため、女性と認識していることが多いですが、その前に彼女と付き合っていた場合には、男性と認識している場合もあります。

最初は、そのとき認識している性で、彼らと関わっていくのですが、無意識のうちに多くの人は女性らしさ、もしくは男性らしさを求めているので、次第に、求められている性へと変化するように感じます。

 

【3】まとめ

私は、とりわけ人にどう見られるか気にするタイプというわけではないのですが、恋愛においては、求められる役割に応じて性自認が変わるように感じます。

ただ、先ほど述べたように、好きになったから合わせて性自認が変わるのか、性自認が変わったからそれに合わせた性別の人を好きになるのか、どちらが先かはわかりません。

セクシャルフルイディティの性自認が変わるきっかけは様々ですが、一つの事例として参考にしていただければ幸いです。

(Shano編集部)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る