【男性向け】お金目当ての女性の見分け方は? 彼女はどうかの簡単診断テスト

【男性向け】お金目当ての女性の見分け方は? 彼女はどうかの簡単診断テスト

お金持ち男性は恋愛のハードルが高くなりがちです。お金で釣っても良いならともかく、下心を隠して近づくお金目当ての女性をうまく見分け、本当に自分を好きになってくれる相手を探さなければならないからです。

恋人イベントが近づくと、ますますリスクが高まってきます。どのように見分けていくのか、今の彼女はお金目当てではないか探るとともに、お金目当て女性にアプローチされないための対策を伝授します。

【1】僕じゃなくてお金が好き!?

結婚をした時に初めて彼女の考えていることが分かったり、正体が分かることが多いですよね。結婚をたり付き合ったりして極端に分かってくるのはお金の問題です。

多くの男性は彼女のことを尽くして愛するので仕事も頑張ればプレゼントをすることも多いです。ですがそれだけではなく、結婚をしているのであれば家庭を支えないといけないですよね。

しかし一生懸命に働き支えても、そんな彼女は本当にあなたのことを愛しているのでしょうか。不安になるような人も多いですよね。

今回はそんなお金目当ての女性の見分け方についてお話をします。今の彼女はお金目当てなのでしょうか?

【2】お金目当ての女性の特徴 彼女がそうかの診断テスト

お金目当ての女性の特徴としては積極的な人ほどお金目当ての可能性が高いということです。他にもお金で判断をしてくる行動が多い傾向にあります。

(1)稼ぎがわかる話をするとボディタッチしてきた

稼ぎが分かる話をすることはないですか? あるいは、連れが「こいつ社長だからさ〜」なんて何の気なしに暴露してしまうこともあるかもしれません。

例えば仕事やボーナスの話などこういう話はカップルであれば誰でもすることですよね。

ですがそこを漬け込んで、稼ぎがあると判断した場合は積極的なボディタッチが多いという人も多いのです。

更に言えばお酒を飲んでいきなりボディタッチをしてきたということであれば要注意です。

(2)セクシーな服装が多い

お金目的な女性な人ほど、より良い人と出会えるように、そして見合うと思われるように服装にもお金をかけています。

ですがそれだけではなく、お金持ちの人を魅了したく、セクシーな服装が多いというのも特徴の1つです。

逆に本気で婚活目的で金持ち男性を探している慣れた人なら、「露出度が高い男性は不安だ」という気持ちも抑えてあえて清楚で隙がない服装を演出するかもしれません。本気の女性って怖い……。

(3)欲しいものを聞くと指定ブランドで回答される

例えば彼女に欲しいものを聞いた時に返ってくる返答というのは様々ですよね。「なんでもいいよ!」という人もいれば「ゲームならなんでも!」「服が欲しい」という人もいます。こういう人であれば大丈夫ですが、ブランドを指定してくる場合は要注意です。

「無印が主張があまりなくて好き」のような無難なブランドであれば可愛げがありますが、特に「ヴィトンが欲しい」「シャネルが欲しい」「結婚をするならティファニーね」というような高額なものを要求する人は危険です。

さらに、「カバンが壊れちゃって」と、そのブランドの中でも確実に高額になる物を、嘘を交えて指定する人もいますがそういう人もお金目当ての傾向があるので注意です。

もし、買ったはいいけれど1回くらいしか使わなかったな……と思っているのなら、「せっかく買ってもらったから汚せなくて」なんて可愛い嘘を見逃してはいけません。売っているかもしれないので、現物をチェックするくらいはしても良いと思います。

(4)手作りのものは喜ばない

ラブラブなカップルであれば手作りのものでも喜びますよね。プレゼントはどんなものでも嬉しいです。それは費用に関わらずです。

本気でその人のことを好きなのであれば、その人が時間をかけてくれたものに愛を感じて喜ぶはずです。(趣味が合わなくて、使い所が…どうしよう…なんてことはあるかもしれませんけれどね)

特に、たまたまお金持ち男性と付き合って、その人のことを本気で好きなのであれば、わずかにしかないはずの時間で作ってくれたという思いや、十分にあるお金で適当にプレゼントを買わず作ってくれたんだという喜びを感じる人もいます。

ですが手作りのものは微妙と考えたり、お金の値段を聞いてもっと高額が良かったというようなことを言う人はお金目当てで近づいている可能性が高いです。それで怒るのであれば間違いないでしょう。

(5)お家デートでは高級料理

最近では宅配でも高級な料理を食べたり、持ち歩きをすることもできるようになりました。ですがそういった時に料理は高いものがいいという人ほどお金目当ての可能性もあります。

自分自身がお金持ちだからというのもあるかもしれませんが、多くは相手に頼ることが多いですよね。衣食住というライフラインを彼氏に頼っているのであれば、今より良い生活をしたいから付き合っているのかもしれませんよ。

不安であれば、「今月はちょっと厳しくて……」など、あえてそれを止めて様子を伺う駆け引きも視野に入れましょう。

(6)よく考えればデート代の負担が大きい

よく考えればデート代の負担が大きいということもあります。例えば20代であれば初々しさもあり、仕事を始めたばかりですよね。

しかし、別にお金に困っていなければ「頑張ってホテル代を工面できたから近場でビジネスホテルに泊まりつつ観光しよう」みたいな苦しいプランにはならないはずです。いきなり高級なホテルに泊まったりすることもあります。

プレゼントでも高級なものを強請る人もいるかもしれませんが、相手がデート場所にチョイスしてくる場所が1人あたりの値段が高い場合は要注意です。例えば20代前半ならデートでご飯を食べるとしても1人あたり2000円前後でもそれなりに多いほうと言えます。記念日なら奮発して数万を使う…なんてことはあるかもしれませんが。

5000円を毎回超える場合や「今日はお金持ってきてないから払ってほしい」という言葉には惑わされないようにしましょう。

年代別のデート代やプレゼント代なんていう調査はあちこちで行なっていますから、相場観を掴んでデートすることが、お金持ち目当ての人を近づけないことにつながります。もし彼女自身も金持ちなわけでなはないのに彼女に相場観がないのなら、これまで金持ち男性とばかりデートしていたのかもしれませんよ。

(7)さりげなく家賃や勤め先を聞いてくる

しれっと家賃を聞いたり、勤め先や役職を聞いて調べている可能性が高いです。どの辺に住んでいるのかでも地価でなんとなくわかりますから、戸建かですとか、部屋はなん部屋あるかですとか、やたら細かいことを聞くなら要注意です。

結婚をする場合は重要なことでも、付き合う前や付き合ったばかりで結婚を意識しないような段階であれば、さすがにそこまで込み入った質問はしないことがほとんどだと思います。

言うのであればこれだけ収入がありそうだなという判断の材料にされているので、それを知ったうえで付き合ってきたり、知ってから態度が変わるのならお金目的の可能性も高いです。

同棲中もしくは同棲の話が出ていて共働きであれば、「うまく家計が回るのかな」など別の懸念がある可能性がありますが、そうでない場合は要注意でしょう。

お金目当ての女性の特徴

【3】お金目当ての女性に出会わないためにできること

そんなお金目当ての女性に出会わないためにできることというのはどういったものがあるのでしょうか?言うのであればお金目当ての女性というのは似たような傾向が多いです。

(1)人が多く集まる場に行かない

人が多く集まる場所にお金目当ての女性がいることが多いです。なぜなら様々な出会いを求めて行くことが多く、積極的に声をかけてきたりすることも多いからです。

合コンや婚活などでは、何と無く雰囲気で目星をつけた上で手当たり次第に探る傾向があるのではないかと思います。

男性の友達から情報を聞き出したり、ボディタッチを積極にしてホテルに誘ったりしても自然な場所は狙われやすいです。こういった場所に行く際は十分に気を付けるようにしましょう。

(2)酒が絡む場での恋愛はしない

お酒が絡んでしまうと判断が鈍ることが多いです。恋愛をする上で大切なことはお酒などがなく相手のことをしっかり考えることができるかどうかということです。

酒が絡んでボディタッチが多くなってきた場合は、お金のことを話しているかどうかまずは考えてみてください。仮にいきなり増えたのであればお金目的の女性である可能性が高いので、こういった場所には行かないようにしましょう。また呼ぶのもNGです。

付き合う前からのお酒はホテルに直行になってしまうことが多く、本気の恋愛を求めている人は偶発的な出会いはあるにせよ、お酒の場を避ける傾向があります。

(3)同情を誘う女性に注意

「こうだよね」「ひどくない?」というような人ほど同情を求める人は同時に、あなたのことを探っています。

お金持ちであるという傾向を一瞬でも見せてしまうと相手はあなたにぐいぐいくるようになるでしょう。

かわいそうだと思って手を貸すと、とんでもない沼にはまってしまうかもしれませんし、泣き落としされることだってありえます。

(4)学生のうちに出会った人と恋愛する

「いまさらむずかしい」と思われることもあると思いますが、可能ならばいまの肩書を持っていない学生の頃に出会った人と恋愛すると金目当ての女性を避けやすいです。

とは言え、学生の頃の純粋な気持ちが荒波に揉まれることによって変化している場合もあるので、くれぐれも自分がお金を持っているそぶりを見せないことです。

学生のうちに出会った人ほど、純粋に接し心を許しやすいため、相手のことをよく知ることができます。その様な人と恋愛をして仮に結婚をしたとしても学生の頃からの知り合いであればお互いを知り尽くしていることも多いでしょう。

家庭を持ったとしても安定して結婚をしても変わらず生活を送ることができるようになるのではないかと思います。

(5)デートの服装を徹底

デートの服装を徹底するといいです。例えばユニクロやGUといったものはお手頃で揃えやすいですよね。20代であればそういった服装でもいいでしょうし、30代でも同様のことが言えます。

少し抵抗があるという人はもうメジャーなもので良いでしょう。ユナイテッドアローズなども良いかもしれませんね。高すぎず安すぎずという服もあるのでそういったものを選ぶと良いでしょう。

40代くらいになってきたら、それなりに質の良いワイシャツや2万くらいの靴など、お金がない人でも手が出せるレベルでの「良いもの」を身につけると良いかもしれません。

ブランド物はお金目当て女性が目ざとく見つけます。対して室で選んだ有名でないブランドのものは、よほど目が肥えていないとみわけられません。その女性もそれなりにいいものを知っている環境下にある可能性が高いと考えられます。

お金目当ての女性に出会わないためにできること

【4】婚活での注意点

婚活での注意点として婚活の場合は様々な条件の人たちが集まることが多いですよね。そういった時にまずは相手のことを知ろうとしていろいろな事を聞かれることも多いです。

(1)年収は曖昧な回答を

まず、年収や稼ぎ、仕事の内容など大まかに伝えると予防線を貼ることができます。

もしお金のことを気にしないというような人であれば、どんなに濁したとしても相性や気持ちでカバーすることができるのではないかと思います。

もちろん家計のために必要な情報なので聞く人が多いのは当然ですが、お金目当ての人の場合は必ず年収や仕事を聞いてくるので、そういった場合、細かく言ってしまうと相手の思うツボです。直ぐに言わずにまずは様子を見たり、「共働きならなんとかやっていける」など曖昧な回答をしてみるのも婚活では大切になるでしょう。

(2)マナーに対する向き合い方を見る

食事に行くと相手のマナーからなんとなく年収が見えると思ってしまうかもしれません。ですが、お金持ち男性の生活に合わせてマナーを勉強していることがほとんどです。育ちの良い人との違いは、マナーにこだわりすぎてしまうことなどから見えてくるでしょう。

例えば、食事のマナーというのは楽しくするためであるため、相手が知らずマナー違反をしてしまってもあえて指摘せず、逆に合わせて周りから笑われないようにフォローすることもあります。「あの人、マナーがないわね」というのは、マナーを守れている自分アピールに他なりません。

(3)知識やリスクがあるように見えるお金周りへの反応を見る

また、お金目当ての女性はお金持ち男性が好む女性として、「経済知識がある人」「博識である人」と考える傾向があります。本人の興味関心や職業と著しく異なるビジネス方面の知識を多く有している女性は探りを入れておくと良いです。

リスク資産に対して批判的な意見が多いため、たとえテクニカルなどを勉強してロジカルに、ある程度勝算のある勝負をしていても「株」や「仮想通貨」、「FX」と言った話題を嫌う女性は少なくありません。さらに、「借金1億」など巨額の借金はそれだけ社会的信用がある証拠ではありますが、それがわからず途端に態度を悪くする女性は多いです。

婚活での注意点

【5】まとめ

お金目当ての人というのは多くいると思いますが、必ずそういった人だらけという訳ではありません。特徴も話ましたが、それは決めつけではなくあくまでも参考としてみてください。

婚活中の人はお金目当ての女性を避けたいのであれば、こちらから聞くと良いでしょう。例えば「年収は少ないけど大丈夫ですか?」ということで直ぐにお金目当ての人であれば退いていきます。

それ以外の人であれば年収より愛情を取ったり、他のことを優先するという人なので、そういった見極め方も大切になるでしょう。

(Amy/ライター)
※この記事は年収2,000万円の人にした取材をもとに記事化、監修して頂いています。

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

小学館にてプロライターとして記事を執筆をしている戸籍上女子。ライター歴は10年以上で恋愛記事の専門家。脳科学や心理学、生物学の視点から恋愛を解説することを得意としている。また、アセクシャル+FtX(無性)でありながら、LG(B)TQの彼氏を持っているため、セクシャルマイノリティに関心がある。