「こいつとは付き合えない」と異性友達が言ったときの要注意なケース

都合のいい女認定される特徴

なぜか好きな人や彼氏の女友達から「こいつとは付き合えない」と言う言葉を耳にすることがあります。

要注意なケースを聞いてみました。

 

【1】ちょっと失礼? 「こいつとは付き合えない」と言われる経験は割と多い…

男友達から、「俺こいつとだけは付き合えないわ」と言われることってありますよね。

逆に、彼の女友達が「こいつとは付き合えないわ」と話しているのを耳にしたり、彼女である自分に言ってくることもあるかもしれません。

少々イラっとしつつも言葉通りに受け止めることが多いと思われますが、裏があるのではないかと深読みしてしまう人もいるのではないでしょうか。

深読みする人の多くは“なんらかの経験”をしていますよね……。  

 

【2】「こいつとは付き合えない」発言…要注意なケースは3つ!

出会うこともある「こいつとは付き合えない」発言は、すんなり受け止めずに注意しなければならない場面もあります。

“なんらかの経験”をしてきた人たちに、「こいつとは付き合えない」という発言が危険なケースを聞いてみました。

(1)友達に冗談で言われるなら「押してきたら友達ですらいられない」アピールの可能性も

「異性として見られていないのかもしれません。男性にも正直なところ、この人はどう頑張っても女としてみれないなという人がいます。それは生理的に無理!という場合もありますが、友達としか考えられない人もいるのです。しかもこの場合は、付き合えないということをはっきり言っているので、本心で付き合えないと思っているのでしょう。もちろん冗談で言っている可能性もあります。しかし、好きな人の前でこのようなことを言うのはデメリットしかないので、その可能性はゼロに近いでしょうね。その人なりのオブラートな意思表示なので、ここで押せ押せしてしまうと、友達としてすら関係を保てないこともあるかもしれません」(Kさん・25歳男性)

(2)エッチした相手に言われたなら、体目当てで責任を取らない発言

「男女の価値観や言動には、それぞれ男女別でいろんな溝があったりします。僕がもめている友達の輪の中に仲裁に入ったときですが、その男性は『こいつとは付き合えない』と言っていましたね。揉めた男性側に話を聞いてみると、どうやら女癖が非常に悪く、友情関係なしに手を出すタイプだったんです。その女の子に対しても、“妹みたい”“なんか恋愛感情っていうより家族感あるわ”みたいなことを言って、いい雰囲気にして“特別な関係感”をうまく与えていたみたいです。『こいつとは付き合えない』は、付き合えないというのも、交際するという契約を結べないということだったのでしょう。だから、揉めていた女友だちには、危険な異性と関わると精神的にも良くないので、今後は一切関わらないようにと、思い遣りの一環で釘も刺しておきましたよ」(Sさん・28代男性)

(3)彼の女友達が彼女の前で言ったなら略奪女子の油断させるテクかも…

「多分、略奪系女子なら割とあると思うんですけれど、例えば彼女さんを紹介した場面で言ったなら要注意。あらかじめ『友だちとしてしか見れない』と釘をさすことで、彼女さんの警戒心を無くさせるんです。例えば、『こいつと私は絶対付き合えんわあ』『ほんと、こんなやつと彼女になってくれてありがとね?』みたいな。彼女さん側も、特に付き合いが長い友達だと言われれば、『気心の知れた親しい友だちなんだろうな』と思ってしまいそうですが、油断しているところで略奪系女子はどんどん彼との距離を秘密裏に縮めています。例えば、プライーベートで“親しい友だちとして”2人であっていい雰囲気になったり、『LINE』で“親しい友だちとして”密に連絡を取ったり。もしくは、応援しているつもりで『彼の恋人にしか見せないかとかあるの』と詮索してくるパターンもありますね。『心配しないで、安心してよ』と善意で伝えてくれる子もいると思いますが、女の言葉は鵜呑みにしてはならないと思います。まあ、割と女子なら『こいつ危険!』っていう女の勘が働くんですけれどね」(0さん・29歳女性)

 

【3】まとめ

彼女に向かっていう場合に、ただの親しい友人のはずなのに、女友達の意識が「付き合えない」と言っている時点で、「付き合えるかどうか」で相手を見ていることになります。ちょっと怖いですよね。

それにしても、「こいつとは付き合えない」って自分が言われるのもイラっとするし、彼女に向かって彼氏に言うのも、彼の価値を落としている感じがあって失礼ですね……。

(Amy/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る