ただの恋愛体質じゃなかった! 恋愛依存症の恋愛パターンと原因とは?

恋愛依存の原因と恋愛パターン

恋愛体質だと思っていたら、依存していたということも……。具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

解説するとともに、抜け出す方法もご紹介します。

 

【1】恋愛体質ではない…それに気付けていますか?

誰もが恋愛をしている中で、自分は恋愛に依存をしていると感じることも多いですよね。

ですが普通に恋愛が好きではなく、恋愛というものに依存をしているという人も少なくはないのです。そしてそれに気付けていないという人も多いでしょう。

恋愛依存症になってしまうと、相手のことしか考えられなくなってしまったり、相手に依存をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

普通のこと、と思っている人も多いですが、実は恋愛依存症になってしまうと、更に相手のことを求めてしまったり、執着するほど好きになってしまうというようなこともあるのです。また、依存するあまり相手のことを考えられない、思いやれないということも少なくありません。

彼がなんだかそっけない…理由とラインを返信してもらう方法は? 

 

【2】付き合ってから豹変をしてしまう人も

いざ人と付き合うと相手の知らないことが分かったりすることも多いです。恋愛というのは相手と接していくなかで特徴や癖、性格などを知ることになるので、友達から付き合った途端にいろいろな事が分かってしまうということもあるでしょう。

中には付き合ってからいきなり態度が変わるというような人もいます。相手のことが好きすぎてしまってメンヘラ化してしまう人や、束縛をしてしまい自分だけの物だと考えてしまう人も多くいるのです。

こうした人は恋愛に依存をしてしまっている可能性が高く、好きだからこそしてしまう行動の1つになるのではないかと思います。

もしかして浮気?女子は気にしないのに男子がつい疑ってしまった瞬間

 

【3】恋愛依存症のパターンと原因

恋愛依存症というのは先ほども言ったように相手のことが好きになればなるほど、どんどん依存をしてしまいます。相手を束縛したりメンヘラ化してしまったりなど、様々ないきすぎた行動をしてしまうという人も実は依存をしている可能性が高いです。

先ず相手のことを好きになると、誰にも渡したくないという欲求がどんどん強くなります。その影響により様々な制限をしてしまうこともあるのではないでしょうか。例えば「浮気はしない」というのもその1つになります。

ですがそれ以外のこと…例えば「異性と遊ぶ」というようなことについては、カップルによって制限しているところもあれば、そこまではしんどいという人もいます。

ですが、依存するあまり不安で自分にストレスがかかってしまうと、より依存をしてしまう負のループに陥って、過度な行動に出てしまうのです。また、根底には誰かに愛されたいという強い欲求があることが少なくありません。そのような場合、まずはあなたから彼を愛しましょう。矛盾しているように感じるかもしれませんが、愛は対価を求めないものですから、見返りは求めてはいけません。

相手との信頼関係を気づくこと、彼以外を頼るあてを見つけたり、彼以外の楽しめる時間を作ることも、恋愛依存から抜け出す方法になります。

負担がかかりすぎて別れ話になることも…恋愛依存症度診断テスト

【4】まとめ

恋愛依存症というのはただ、恋愛が好きで相手が好きという訳ではなく、更に相手を自分の物にしたいという欲求や、相手無しでは生きていけないというような考えにしてしまうのです。

そうなってしまうと日常生活での影響などが出てしまったり、お互いがストレスを感じさせたり、病気になるという事まであります。

相手に依存をするのも良いですが、ほどほどが一番です。お互いが相思相愛であれば問題はないですが、今の相手は自分の恋愛の価値観とあっていますか?

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る