性的嫌悪のセクマイもいるから…エッチを求める前に考えてほしいこと

セクシャルマイノリティの中には、その性的指向・恋愛指向を指すもの自体が性嫌悪を指し示していないものではあるものの、性嫌悪を持つ人も少なくありません。

そこで、そうした人がいるということを踏まえた上で、エッチで求める前に考えて欲しいことをお話しします。

 

【1】性的嫌悪のあるマイノリティもいる

LGBTだけではなく、たくさんのマイノリティがいることが認識され始めてきた最近ですが、エッチに性的嫌悪を覚えるマイノリティの存在も知られてほしいと思っています。

異性を好きになる、同性を好きになる、だけでは語れないマイノリティがいるのです。

今回は性的嫌悪があるマイノリティにエッチを求めるのはどういうことなのか、考えてみたいと思います。

 

【2】心無い言葉に傷ついている性的嫌悪タイプ

一般的には人間は性欲があり、エッチに積極的であるもの、とされています。このような常識のもとで社会が動いていますが、その常識に当てはまらない人もいます。

それどころか、性的嫌悪のある人もいるのです。そんな人達は心無い言葉に傷つくこともあります。

(1)「大丈夫だよ」って言わないで

「性的嫌悪がある」と言ったら言われた言葉ランキングの第1位に数えてもよさそうなくらい、私は言われた経験があります。「やってみれば大丈夫だよ」と言いますが、いったいどこにそんな根拠があるのでしょう。

相手は今までのエッチの相手を気持ちよくさせてきた経験から大丈夫と言っているのかもしれません。

しかし、そこにはその人を気持ちよくできるという根拠などありません。ところが、「大丈夫だよ」と言う人はそこに気づいていないことが多いです。

性的嫌悪があるマイノリティとしては普通じゃないことをうちあけるだけでも覚悟がいったのに「大丈夫だよ」と流されてしまってはつらいです。

怖くてたまらないものを前に、その恐怖を「大丈夫」の一言で流されたら誰でもつらいはずです。怖いものは怖いし、嫌なものは嫌なのです。

(2)「慣れれば気持ちよくなる」って言わないで

性的嫌悪がある人に言ってはいけない言葉の一つに数えたい、こちらの言葉。「慣れれば気持ちよくなる」です。

慣れれば気持ちよくなると言いますが、いったい何回すれば気持ちよくなれるというのでしょう。気持ちよくなれることが確定していたとしても、気持ちよくなるまでにつらい期間を耐えなければならないのです。

しかも、現実には気持ちよくなれないままの人だっています。気持ちよくなれないかもしれない人に「慣れれば気持ちよくなれるから」なんて言うのはあまりにひどいことです。

何より怖がっている相手に言う言葉ではありませんよね。

(3)エッチ以外の繋がり方を探してみよう

大好きで愛しているパートナーとエッチしたいと思うのは一般的な感覚です。それは否定しません。

しかし、そのパートナーにはエッチという繋がり方は怖いだけだった場合、無理強いするのではなく、別の繋がり方を考えてみませんか。

本当に好きな人となら、一緒に何かをしている時間それそのものが繋がっている実感を得られる行為の一つであるはずです。

一緒に映画を観る、一緒にどこかへ出かける、一緒にごはんを作る、どれも好きな人と一緒にやると特別な思い出になる楽しいものです。エッチ以外の繋がり方もたくさんあるのです。

 

【3】まとめ

性的嫌悪のあるマイノリティの人々にエッチを求めることは相手に大変な負担を強いる行為であることが伝わったと思います。

エッチしたい人が大半であることは否定しようのない事実ですが、性的嫌悪のあるマイノリティの人々のことも頭に入れてもらえたら、マイノリティの人々は少し生きやすくなることでしょう。

(雁屋優/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る