デートがマンネリ気味で新鮮味がない…防ぎ方と打開策3選

デートでマンネリを感じている時の対処法

デートがマンネリ気味になったとき、あるいは怪しいと思ったとき、どのように対処すれば良いでしょうか。

防ぎ方と打開策を3つご紹介します。

 

【1】デートにいつもと違うときめきを…

「大好きな人と一緒だったら、どんなデートでも大満足!」そんなふうに感じている人も、しばらく経つと「最近、マンネリ」と思い始めることでしょう。

誰だって、同じことの繰り返しでは飽きてしまうものなのです。

そこで、大好きな人とのデートをマンネリ化させないためのコツをご紹介します。些細なテクニックでも、実践してみるといつもと違うときめきを感じますように!

彼の気持ちが冷めている予感…別れ話になる前に実践したいこと5つ

 

【2】マンネリ対策テクニック3つ

マンネリを放置しておくと、思わぬ結果を招くことに繋がりかねません。ときめきを取り戻すためにも、ぜひお試しください。

(1)時間帯を変える

もしも、会社終わりからの夕食デートが定番だったなら、朝食デートを提案してみましょう。コーヒー1杯を共にするだけでもOK。充分に休息した後の溌剌とした姿を見せるチャンスです。

朝から大好きな人の顔が見れば気合いが入り、その後の仕事の励みにもなります。疲れた顔で愚痴をこぼすばかりのデートがつまらないと感じていたなら、絶対におすすめです。

(2)電車やバス旅

マンネリ化しつつあるカップルの場合、カフェで向き合っているだけだと会話も弾みません。そのため、2人でいるのについついスマホチェックをしたりしてしまいます。

そんな2人なら、ぜひ乗り物に乗るデートを試してみてください。電車やバスが手軽です。景色が流れていくのを眺めていると会話がなくても心が和んできます。

隣同士で並んで座るので、お互いの体温を感じながら一緒に過ごせるのもポイント。「そろそろ駅弁でも買う?」という新鮮な会話も生まれます。

(3)昔の写真を見せ合う

一緒に過ごした時間が長過ぎてマンネリ化してしまった、家族のような2人におすすめなのが昔の写真を見せ合うことです。

最近の写真は全てスマホに保管しているので、見せ合うこともあるに違いありません。でも、高校時代や中学生時代、さらに遡った幼少時代の写真はどうでしょう。

少し恥ずかしい思いをしながら見せ合うのは照れくさいながらも、相手に対する理解が深まり、マンネリ化したカップルにはとてもよい刺激になります。

エッチに飽きてしまった! 男女でできるマンネリ対策を紹介

 

【3】まとめ

ときめき、ドキドキなど、言葉で言うのは簡単です。実際には、マンネリを打破するために知恵を絞り、気を使う必要があります。

長くお付き合いしている多くのカップルは、その試練を乗り越えています。あなたも迅速、且つ積極的にマンネリ打破に励みましょう。

(うしろふじ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る