【前編】レズビアンがSNSで恋人と出会う方法〜掲示板・ツイッターの特性〜

レズビアンがSNSで恋人と出会う方法

初めまして、元地下アイドルをしていました、占い師めいです。

LGBT、セクシャルマイノリティのあなたはどのようにして恋人と出会いましたか? または、恋人がほしいけどまだ実行に移せないあなたとお話しさせて下さいね。

マイノリティの私達がストレスなく恋人と出会うにはイベント、オフ会、SNSや掲示板、という方法が主流です。
そんな中で私のように、なかなかイベントやオフ会に行く勇気がでない、そんな人も多いのではないでしょうか。

今回は掲示板とTwitterのSNSの特徴の違い、ネットで会うメリットデメリットを纏めてみたいと思います。

 

【1】掲示板で出会うメリット・デメリット

私が出会う方法が掲示板です。例えば「レズビアン 出会い」などで検索する人が多いのではないでしょうか?

個人的には自分の求める条件を書いて応募できるので好きな出会い方です。

(1)メリット

募集掲示板が地域、セクごとに分かれていたりして便利です。掲示板によってはお返事したい人以外にアドレスを知られず募集できます。

趣味や条件など最初から提示しておけるので相性のいい人から連絡をもらいやすく、1度に他人数と交流できるので、効率よく自分に合う人を探せます。

(2)デメリット

返事に困る応募も来ることもあります。ネカマだたり、短文で仲良くしてくださいだけなど、何に魅かれてきてくれたかわからなくて返事に躊躇してしまうでしょう。

顔写真がなくて不安だったり好みかわからない点もあります。写メもお願いしますと書くと有効だけど、写メ交換が嫌いな人が多いんです……。

また、早い段階でぴったりの人に出会えないと再度募集をしても出会うのがなかなか難しくなるという特性もあります。LINE交換のハードルが高いので、メールかカカオが基本になります。

その時のテンションで送ってくる人も居るのでいいなと思ってお返事してもリターンがなく、自然消滅しやすいやめ、会うまでいけても1度きりが多いです。

 

【2】Twitterで出会うメリット・デメリット

こちらはハッシュタグなどで仲間や恋人さんを募集するスタイルです。

特徴として若くて、イベントにも行けそうなコミュニケーション能力の高そうな人が多いなと思って使っていません。

(1)メリット

最初から細かく個人でやり取りしなくても適度に絡んでいけるのがいいですよね。

連絡がDMからスタートできるので安心感があります。

タグで繋がれる数は掲示板よりはるかに多いと感じますし、顔がわかる人が多い印象です。

(2)デメリット

いいなと思っても住が違ったり、わからなかったりすることが多く、会うまでのハードルがあります。

掲示板よりがちがちの恋人ほしい感ではない人が多いため、本気で恋人を探す人には向かないかもしれません。

いいなと思った人が他の人と自分よりいい感じなのが見えてしまうことがあるのも、気になってしまいますよね。

 

【3】まとめ

本当に色々な人がいます、だから私は自分自身がデメリットと思うことを最初から排除します。例えばLINE交換出来ない人とはやり取りをしません。

本当に恋人がほしいのかと感じてしまうので、というかカカオを捨て垢という人がすごく 多いと思っているので、絶対効率が悪いと思うので。

また写メをまず送ってくれる人も必須です。これをいうと面食い(実際そうなのですが)と思われてしまいますが、恋愛する可能性があるのだからやり取りする前から知りたいし、お互いにありなしのレベルがあると思っているからです。

自分のストレスになることを排除してトライしてみて下さい。同じ気持ちの人に出会いやすくなりますよ。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る