【連載】元地下アイドルが暴露する実態シリーズ#3 〜収入事情とブラック運営〜

【連載】地下アイドルの実態シリーズ

地下アイドルの給料形態について、3つのパターンに分けて解説します。

 

【1】地下アイドルの収入面は注目の的?

アイドル占い師めいです。

地下アイドルといいますと収入面について興味を持たれることが多いです。

ライブに出たら収入になると思っている方、またまったくお金にならないと思っている方、色んな方がいますが、今回は私が携わった中で実際どうなのか、一例をお話ししたいと思います。

 

 

【2】地下アイドルのお給料3パターン

地下アイドルのお給料事情が気になる人は多いようです。

あくまで私が見たり携わった一部なので他にもシステムはあると思います。

(1)パターン1:売り出す代わりに無収入(写真集やメディア出演が出れば収益)

プロデュース力はすごいけど無収入に近い、力も入れて売ってくれる運営がとっている体制。衣装やレッスン、CDリリースなどすべて事務所が負担、売り出しに力を入れているかわり完全に給料なしというシステムのところもあります。

結構有名な地下アイドルグループはこのパターンが多いと思います。ここで写真集やメディア出演が入ると収入にはなってくると思います。

ただCDを出しているからと普通のアーティストやアイドルさんと同じ、というわけにはいきませんね。

(2)パターン2:完璧な歩合制

ライブ時の物販で販売するチェキが収入源です。

基本的にはチェキの料金まるまるバックされません。50%とか40%くらいのバックになります。

まれにライブのチケット何枚めからバックされるという所もあります。宿題チェキ、デコチェキ(アイドルが持ち帰って綺麗に落書きやデコレーションをして後日渡す)はバックがいいのでみんな頑張ります。

また、個人撮影会、セッション撮影会なども収入になりますが、撮影会の団体、事務所にとられる分を引くと微々たるもの。一枠一万円、などすると思いますが推しに思っているほど入ってこないんです。

(3)パターン3:むしろお金を払って経歴作り

出演料や活動費がかかるところが多数あります。アイドルに限らずローカルタレントとして、出演料や活動費を払い、番組やイベントに出るということも珍しくありません。

そのかわり、経験になるものも沢山あります。うまく経歴作りに活用する子もいます。

ただ悪徳なものもあるので見極めが大事ですね。

 

【3】まとめ

ライブをしてなんぼの地下アイドルそのため、地下アイドルは平日休日関係なく毎週沢山のライブに出演しています。

ただ、これは運営が儲かるための数稼ぎで、本当にプロデュース力がある運営元だとライブ回数は少ないと思います。ライブ回数が多い=ブラックという可能性が高いかなと思います。

数が多いと確かに知名度は上がるかもしれませんが、売れるとはかぎらないんです。あなたの推しアイドルの運営は大丈夫でしょうか?

(めい/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る