同性愛だからこそ…ゲイ・レズビアンがお互いにしがちな悩み相談3つ

ゲイとレズビアンは同性としか恋愛をすることができないため、やはり社会的な側面で悩みを抱えることが多いです。

そのため、ゲイとレズビアンが一緒に悩みを相談することも……。

そこで、今回はよくあるゲイとレズビアンの悩みをご紹介します。

 

【1】ゲイとレズビアンは同性にしか恋愛感情を持てないから辛い

ゲイセクシャルは、男性に対して恋愛対象や性的対象として見る男性を言います。

一方、女性に対して恋愛対象や性的対象として見る人のことはレズビアンと呼ばれています。

両者のマイノリティは、同性しか恋愛的に好きになれない点で同じです。そのため、ゲイとレズビアンが悩みを相談することもあります。

そこで、ゲイとレズビアンにありがちな悩みをご紹介します。

 

【2】ゲイとレズビアンの悩みあるある

具体的に、ゲイとレズビアンは共通してどのような悩みを抱えているのでしょうか。

筆者の経験をご紹介します。

(1)好きな相手が異性愛者である場合に抱くはかなさ

人間は誰しもが他人に対して「好き」という感情を抱くことがあると思います。
それは、異性愛者であろうと同性愛者であろうと変わりません。

しかし、異性愛者が他の誰かを好きになるのと、同性愛者が他の誰かを好きになるのとでは事情が少し変わってきます。特に後者の場合は事情が複雑になってきますよね。

というのも、例えばゲイである男性が他の男性を好きになる場合、その相手が同じようにゲイであるとは限らないからです。

つまり、同性愛者が異性愛者に恋心を抱いても、その恋が成就する確率はほぼ「ゼロ」に近いということです。

だから、同性愛者が異性愛者を好きになってしまうと、そこには永遠に実ることのない片思いの感情だけが残ってしまうことになります。

(2)好みのタイプを聞かれたときに困る

仲の良い友達同士で話をしていると、よく「好みのタイプはどんな人か」という話題で盛り上がることがあります。同性愛者にとって、このような質問をされることほど苦痛なことはないといっても過言ではないでしょう。

仮に、ゲイの人が「好みのタイプはいるの?」という質問をされると、心の中では「俳優の○○が好き」と思っていても、まだカミングアウトをしていない場合、その心の内をそのまま話すのは非常に困難です。

そのため、あたかも自分は女性のタレントが好きというように偽って言わなければなりません。

もちろん、女性タレントや女優のことが好きなゲイもいるかとは思いますが、本当は俳優の方がもっと好きというゲイも多いはずです。

そのため、好みのタイプを聞かれた際に、すぐに答えを返すことのできないことが同性愛者にとっての大きな悩みのひとつです。

(3)結婚願望について聞かれら困る

同性愛者にとって「結婚」という問題ほど大きな問題はないでしょう。しかし、同性婚が認められている諸外国ならまだしも、LGBTについて着手し始めた日本では、同性愛者が結婚について考えられる場はまだまだ少ないと思います。

そのような状況の中、いざ同性愛者が周りの人に「結婚はいつ頃するか考えているの?」という質問を受けると、たじろいでしまうのは無理もないでしょう。

異性愛者の人々にとって、心から好きと思える素敵なパートナーと出会い、プロポーズをし、指輪を交換して、挙式もしてというお決まりの工程はすでに当たり前のことです。

そして、しばらく結婚生活をしていくうちに、子供が欲しい、欲しくないというような話もあって、欲しかったら妊娠、出産をするという流れも多くの異性愛者夫婦が経験していることでしょう。

しかし、これが同性愛者の場合だったらどうでしょうか。考えればすぐにわかるかとは思いますが、なかなか異性愛者と同じようにはいきませんよね。

このような事情から、同性愛者にとって最愛のパートナーを見つけ、同棲生活をし、そのまま結婚に至るというような流れをつくることは決してたやすいことではないと言えます。

 

【3】まとめ

好みのタイプや結婚願望などは、ガールズトークやボーイズトークで盛り上がる話題なので、何の気なしに聞いてしまいますよね。

しかし、こういった質問もゲイやレズビアンにとっては苦痛となってしまうのです。

(空気を読みたくても読めないKY/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る