夫婦の営みが大切だから難しい…ノンセクシャルの理想的な結婚生活

ad

人の恋の形はみんな違う……。

マイノリティなセクシャル「LGBTQIA+」に迫る本企画。

今回は、ノンセクシャルの人に、理想的な結婚生活を聞いてみました。  

 

【1】ノンセクも性に対する価値観は様々

ノンセクシャルといえば、性的嫌悪があるイメージを抱く人が多いと思われますが、実際は性欲がないことを指しています。

そのため、欲求がないだけで行為をすることができるという人が大半です。

しかし、欲求がないために、頻繁に行われる行為に飽きを覚えたり、寝たい夜に誘いに乗るのを億劫だと感じる人が多いと言われています。

そこで、継続的に夜の営みをすることが億劫だと感じるノンセクシャルの人に、理想的な結婚生活を聞いてみました。 ad  

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

小学館にてプロライターとして記事を執筆をしている戸籍上女子。ライター歴は10年以上で恋愛記事の専門家。脳科学や心理学、生物学の視点から恋愛を解説することを得意としている。また、アセクシャル+FtX(無性)でありながら、LG(B)TQの彼氏を持っているため、セクシャルマイノリティに関心がある。