ネット恋愛で不倫? 相手から声をかけられた場合は要注意!

ネット恋愛の多くはSNSやオンラインゲーム、コミュニティや掲示板など様々あります。

特にマッチングアプリで本格的に彼氏が欲しいということで登録をしている人も多いですが、私自身が体験したのはSNSでネット恋愛まで発展し実際に付き合ったものの直ぐに別れたという経験です。

その時というのは付き合うまでがピークだったのを今でも覚えています。何故ならその男性というのは、なんともう既に結婚をしていた人だったからなのです。

付き合ってから直ぐにボロが出たので、直ぐこちらから別れを切り出しましたが、それまでは信用をしていたのに裏切られた気分です。

 

【1】出会いは相手から

私がSNSをしていた理由というのは、皆の流れに乗ってやり始めたのがきっかけです。

言うならば、流行というものにとりあえず乗っかっておこうというような気持ちでした。

当時働いていた会社の同業に「やってみたら?」と言われて興味本位ではじめたのがきっかけです。その時は趣味である音楽について投稿をしていただけでした。

すると1人の人から声がかかったのです。「この音楽凄い良いですよね!」という事でした。それに返事をして次第にやり取りをするような仲になっていったのですが、そこからが始まりでした。

次第に通話などを要求してきたり、実際に話そうと言って来たのです。私はネットなどに疎かったのでそのまま通話アプリをダウンロードして実際に通話をしました。その時というのは相手の言うことを信用し切っていたのです。

 

【2】恋愛話からの告白

次第に通話をする回数も増えてきて、お互いがその音楽についてずっと話をする仲になりました。例えばライブに行った話しだったり、グッズの話しなどもしていつも盛り上がっていたのです。

その時は単に趣味が合う友達として接していましたが、相手がふと「好きな人がいて……」という話しをしたのです。私も女性だから恋愛話をするのは好きでしたし、現に私自身も気になる人がいたのでその事について話をしたのです。

気になる人は同じ部署の人でしたが、その相談をしていると相手から急に告白をされた形です。その時は戸惑いで精一杯でした。返事はこういうのは初めてだから後日ということを取りました。

その後は何も話すことがなく一時が過ぎていました。1週間後に相手からまた連絡が来て趣味の話しをいつも通りしていたのですが、相手から「あの時の返事は?」ということを言われてそのままOK。ネット恋愛を初めてした経験でかつ、付き合うということも初めてでした。

それからと言うものの、実際にビデオ通話などもしつつ、お互いの生活環境を知ることができました。相手はパッと見ると一人暮らしをしているような部屋だったので、一人暮らしなのだと思っていました。

こちらは実家だったのですが、毎日ビデオ通話を繋げるような環境でもありませんでした。

だから、ビデオ通話をした時というのはとても嬉しかった気持ちと、寂しいという気持ち半々でした。そして実際に会おうということになり、こちらが相手の近くまで移動をした形です。

ですがその事も怪しいと、当時は思わなかったのです。

 

【3】不倫男性はボロが出る

実際に会うととても好印象な人でした。年齢も近く本当に彼氏ができた気分だったのです。そして会った後、そのままホテルにお泊り。別れ際がとても寂しい気持ちでした。

ですがその後帰って連絡をするも音沙汰がなく、その時はLineも登録していたのでLineをするも返事がこないです。そしてSNSをふと覗いて見ると、その日から更新が一切無い状態です。

「どうしてだろう?」と思って気になり後日もう1度連絡をすると「忙しくてゴメンね」とのこと。お互い仕事をしている身でしたし、彼は体力仕事だったので疲れているのだろうとも思っていました。

ですが実際にSNSを見ると普通に更新をしているのに気付きました。ですがこちらの連絡には反応が無い。そしてそのSNSのやり取りをふと覗いて見ると他の女性の人とやり取りをしていたのです。

当時はヤキモチを焼くだけでした。SNSだから異性との交流はあるものだと思っていたからです。

ですが、その女性はなんと彼の奥さんだということがそのやり取りを見て分かったのです。そこで初めて不倫をしているという事に気付きました。

その事を連絡して直ぐさま別れましたが、信じられないという気持ちと裏切られた気持ちでもう見るのも聞くのも嫌になっていました。

 

【4】まとめ

出会いは同じくネット恋愛でしたが、必ず良い出会いがあるとも思っています。

ちゃんと人を吟味して、今の旦那と出会うこともできましたから…。

いくらでも誤魔化せてしまうネットだからこそ、しっかり相手を見定めていきたいですね。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る