【恋バナ】束縛も拗らせたらヤバい人に…それでも愛しいと思える彼

ネットでも恋バナをしたい! 

みんなの恋愛事情に迫る本企画。

今回は、ヤバい彼氏と付き合っていると話すGさん(24歳・女性)に彼について聞いてみました。  

 

【1】周りも悩みを抱えていると思って耐えてしまう人も…

今まで付き合った人にヤバイ彼氏がいたと言う人もいることでしょう。

好きで告白した彼氏が実はヤバイ彼氏だったら、本当に辛いと思います。

しかし、街歩くカップルは楽しそうに見えて実は色々な悩みを抱えています。そのため、「他のカップルも大変なんだ」と思って頑張ってしまう人もいるそうです。 ですが、本当に幸せなカップルもいますし、程度が全く違うこともあります。

気づかず、ヤバい彼との恋愛を頑張り続けてしまったと話すGさんに、今までで付き合った彼氏の中で一番ヤバイけれど憎めないと思った彼氏について話を聞いてみました。  

 

【2】ヤバい彼との出会い

付き合ってからヤバさを発揮する男性も、出会いは至って普通なことが多いです。

ヤバい彼との出会いについて聞いていきます。

(1)ホストのような印象を与える彼

「念願のアパレル関係の仕事に入ってウキウキしていました。社員もアルバイトも与えられえた仕事を坦々とこなしていて、素敵な先輩ばかりでした。そのなかでもひと際に私の目に映った人がいました。その人を見た時に私は「ホストみたいだ」と思ってしまいました。でもそれぐらいスーツが似合っていて、ジャケットを着ているのでは無く、着こなしているという感じでした。彼は、ホワイトボードの前で朝礼をしている時は眠たそうな顔なのですが、実際に仕事が始まると誰よりもキビキビ動いて、それでいて涼しそうな顔して同期の人と笑っている人でした」

(2)彼はサポート上手

「あるとき、私の発注ミスで間違った商品を取り寄せてしまいました。他の人は自分の責任だから自分で処理しろという目で見ていました。しかし、彼は『やっちゃったね、俺も良くやってしまったよ』『ここのブランドは厄介だから俺やっとくよ』と言ってすべてやってくれました。ホスト風でカッコいいのに仕事が出来て優しい。この出来事で本当に彼を好きになりました」

(3)独身と知って告白

「何回もLINEを聞こうとしましたが、勇気が出ません。もしかしたら、彼女がいるか、結婚しているかも知れない。そう考えると何も言えなくなってしまいました。しかし、私の友達が私の気持ちを知って『彼は独身だよ』と教えてくれました。その言葉で勇気が出てその日の内に告白しました。断られると思っていました。ですが、帰ってきた言葉は『いいよ』の言葉でした。本当に嬉しかったです。この人の為なら何だって出来ると思いました」

 

 

【3】付き合ってからの変化

しかし、そんな優しい彼も、付き合ってから変化していったそうです。

詳しく話を聞いてみました。

(1)送信ミスで浮気を疑われる

「付き合ってから1カ月が過ぎました。毎日、『好き』『俺も好きだよ』のLINEの毎日でした。そのLINEだけでも本当に嬉しかったです。しかし、いつものように彼に『気を付けて帰ってね』というLINEを返したときに、同性のTwitter友達から、DMで電話番号教えてって言われたので『090-〇〇〇〇-〇〇〇〇』という返事を彼のLINEに返してしまいました。間違ったと思い、すぐにTwitterの友達と言ったのですが『浮気だ』の一言。誤解だよと言ってもLINE既読したまま何も返事が無かったです」

(2)あまりに嫉妬深い人だった

「電話を何回もしても、出てくれませんでした。その間何度も泣いて電話を暇な時にしてそれでも繋がらなく、精神的にもボロボロになってしまいました。5日後に電話に出てくれました。電話に何で出てくれなかったのかと聞くと、充電器を抜いてしまっていた。との事でした。彼は物凄く『嫉妬心が強く、嫌な事があると彼女でも放置して一人になりたがる人』でした。私自身は彼の事が物凄く好きで、少しでも連絡が無いと本当に壊れてしまうぐらいに彼に依存していました。だからこそ、彼のその性格は最も私にとっては辛いものでした」

(3)すぐに拗ねて放置される

「彼のその性格はどんどん悪化して来ました。メールで話をしていた時に母親から電話で、30分位してからLINEしたら今までラブラブな話をしていたのにも関わらずまた数日放置。彼からしたら、LINEの返事が遅れる時は遅れる事を言って欲しいとの事でした。ある意味束縛で私自身がおかしくなりそうでした。ですが、彼は仕事の時とは違ってわたしに甘え、仲直りした時にはたくさん『好き』と言ってくれました。それに『拗ねるのは好きの裏返』」といってくれました。その言葉で私自身も納得しました。しかし、仲直りしても一瞬の事で、しばらくしたらまたすぐに拗ねます。会社では誰よりも仕事が出来てテキパキしているのに、私の前では拗ねてしまう彼のそう言う所も好きになって来ました」

 

 

【4】それでも憎めない彼…

Gさんは、もともと女々しい男性や束縛する男性は嫌いでした。

しかし、なんだかんだで付き合いが続いたと言います…

「最初は本当に彼と別れようとも思っていました。ですが、仲直りする度に私の為に拗ねてくれていると考えるようになり、そんな子供見たいに拗ねる彼が愛しく思えます。それに今は、彼に束縛して欲しいと思っています。人は変わろうと思えば変わるものだと思いました。私の彼のヤバイ所は、嫉妬が凄く拗ねると何日も連絡をしないという所ですが、浮気性の彼を付き合っている人に比べたら軽いものなのかも知れません。好きだからこそ、そういう少しの嫌な所を理解したいと思います」

 

【5】まとめ

ヤバい彼と聞くと、回れ右してしまうところですが、うまくかみ合い、愛し合えれば幸せになれることもあるようです。

幸せの方が大きいのか、辛い気持ちの方が大きいのか、周りに流されず自分に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

(Shano編集部)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です