身近にLGBTの人が居たら、カミングアウトされたら…どうしたらいい?

LGBTが言われ出し、当たり前に恋愛指向・性的指向が様々であることが理解されるようになってきた世の中、当事者からのカミングアウトもあることでしょう。

対応方法がわからない人向けに、接し方をご紹介します。

 

【1】LGBTにカミングアウトされたときの対応がわからない…

カムアウト。それは、セクシュアルマイノリティの人々が性的指向や性自認に関する秘密を他者に明かす事を指します。

当事者にとって最も大きな壁であるカムアウトですが、受け取る側となると「どう対応したら良いのか分からない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者の経験と、LGBT当事者の「こう対応してほしい」という想いを踏まえて、カムアウトされた側の適切な対応を共に考えて行きましょう。

 

【2】カミングアウトされたときの対応マニュアル

カムアウトされたとき、どのように対応していけば良いのでしょうか。

私の「こうしてくれたら嬉しい」感覚に基づいて、ご紹介します。

(1)まずは「言ってくれてありがとう」と伝えること

カムアウトは相当の勇気と覚悟を要する行為なので、受け止めた側が真摯に受け止めてくれた事実だけでカムアウトした側は安心するものです。

素直に「ちょっとびっくりした」と言ってみたり、「伝えてくれてありがとう」「心配事があったら相談に乗るからね」などの緊張をほぐす様な声をかけてあげると良いでしょう。

(2)次にいつも通りに接すること

理解しようとする姿勢はとても素晴らしいのですが、無闇に「同性の子を連れて来ても大丈夫だからね」などと気を遣ってしまうと、却って相手は戸惑ってしまうかもしれません。

同性が好きであろうと、魂と身体の性別が異なろうと、恋愛感情や性的欲求が無かろうと、貴方を信頼する一人の人。関係や接し方を変える必要はどこにも無いのです。

その「いつも通り」が、何よりも相手を安心させる魔法であることを忘れないでください。

(3)最後の一つはアウティングをしないこと

アウティングとは、本人の了解を得ずに性的指向や性自認に関する秘密を第三者へ洩らす事を指します。

LGBTに関する事でなくとも、そもそも「重要な秘密を他者に洩らす事」な訳で、信頼を裏切る行為になる事は疑いようも無いですよね。

カムアウトをした友人にアウティングをされた事で自らの命を絶ってしまったという痛ましい事件も過去にあります。

アウティングがもたらすのは命に関わる程のショックとなり得ます。秘密は固く、大切に守りましょう。

 

【3】まとめ

ここまで挙げてきましたが、カムアウトされた側の適切な対応というのは、相手の気持ちを汲むとともに、「秘密を守る事」が最も重要です。

また、LGBTという単語のみが有名になっている故に知らない方が多くいらっしゃいますが、”アセクシュアル”や”ノンセクシュアル”の様な恋愛を重視しない人々が世の中に居る事も頭に入れられると完璧です!

未だ偏見の目に晒され続けているセクシュアルマイノリティ。貴方がそんな方を優しく見守る大切な理解者になって下さったら、筆者も我が事の様に嬉しく思います。

(KEI/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る