恋愛の好きとAセクが異性へ抱く好きの違いは?結婚したい場合は?

人の恋の形はみんな違う……。

マイノリティなセクシャル「LGBTQIA+」に迫る本企画。

今回は、Aに当たる「アセクシャル」の人に、一般とされるマジョリティが持つ恋愛の「好き」と、アセクシャルが付き合いたいと思う異性に抱く「好き」の違いについて聞いてみました。

また、アセクシャルは結婚が困難だという言われ方を多くされるので、合わせて結婚したい場合について伺っています。  

 

【1】アセクシャルってどんなマイノリティなの?

アセクシャルは、恋愛感情と性欲を持たないセクシャルマイノリティです。

そのため、恋で周りが見えなくなると言うことがなければ、好きな異性を見て胸が高鳴るといったこともありません。

また、ムラムラする感覚がないため、欲求を解消しなければならないと言う気持ちになったり、異性に対して、性欲からエッチしたいと思うことがありません。

だからと言って、アセクシャル全員が恋愛をしないわけではありません。

そこで今回は、今まで異性と恋愛してきたアセクシャルの人に、アセクシャルだと自認して気づいた、異性へ抱く「好き」の感覚の違いと、結婚したい場合の気持ちの持ち方を聞いてみました。  

 

【2】アセクシャルの「恋愛」への意識

アセクシャルは、「誰に対しても恋愛感情や性的欲求を感じない人」のことであると定義されていますので、一部、なんらかの理由で恋愛をする人がいるものの、多くは恋愛に興味を持てないのが当たり前です。

しかし、恋愛の話に付いていけなかったり、付いていけない事を人に伝えたとしても「あなたはまだ『いい人』に出会っていないからだよ」「そのうち出会うよ」と上から目線で言われたりして、嫌な気持ちになることもあるでしょう。

恋愛は人生において必須でもなく、するかしないかは個人の自由ですが、アセクシャルが恋愛の存在を意識しだすこともあると思います。

それはアセクシャルが「恋愛はしたくないが、結婚したい」と思うようになったときでしょう。

なぜなら、普段アセクシャルには恋愛の必要性がないし、したいとも思わないからです。 このような場合にどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です