男性・女性に縛られないXジェンダー…だからこそ強みもあると思う

マイノリティは保護される存在であったり、弱者として捉えるものだという見方が多いと感じます。

しかし、それはあくまでその人の個性や考え方の問題で、特別視するのも違うように思います。

今回は、Xジェンダーの強みだと感じることをご紹介します。

 

【1】性別がはっきりしていない…気づきそうで気づかないこと

私は、最近になってXジェンダーの人と話をするようになり、「あれ、自分もXジェンダーじゃない……」と気がつきました。

Xジェンダーは男性・女性のどちらでもある、もしくはない、あるいは中性……その他なんて言う人も。といった感じで、どちらかの性をはっきりと自認していない人のことを指します。

そう言われれば、すぐに気づくものだと思われそうですが、これがその実、気づきにくいものなのです。

というのも、自分が女性・男性であることを当たり前としている世の中、自分の性別に対する認識なんてものを考える機会はそうそうありませんし、他の人に、どの程度、はっきりと女性であること、男性であることを自覚しているか聞く機会なんてないからです。

私自身、Xジェンダーの疑いがあったときに、「ええ、みんなそんなはっきりと自覚があるの?」と驚いたものです……。

ad

 

【2】Xジェンダーだからこその強みがある

マイノリティなんて言いますと、多くは「弱者を守る」という考えに行きがちで、弱い立場のように見られてしまうことが多いですよね。

しかし、マイノリティはあくまで個性であって、そこに強弱をつけるものではないと考えています。私自身、Xジェンダーだからこそ強い部分があったな……と今思えば感じることも多くあります。

そこで、Xジェンダーの強みと言える部分をご紹介します。

(1)男性心理も女性心理もわかる

男性でもあり、女性でもある、あるいはどちらでもないなど、はっきりとどちらかの性を自覚していないからなのでしょうか。私は、比較的男性心理も、女性心理もわかると感じています。

特に恋愛において、「男と女は相入れない」と言われていますが、どこで衝突するか想像に容易いですし、どちらの主張も理解することができます。

そのため、実際の恋愛面でも、先手を打って男性に不快感を与えないよう努めることができていると感じます。また、折り合いのつけ方もお互いの主張がわかるからこそ分かるというものですね。

私は恋愛ライターを長くしておりますので、男性向け記事も女性向け記事も扱い、主にこう言った脳科学の領域に関する記事を執筆してきました。実は仕事面でかなり役立ったのではないかと感じています。

(2)その人の個性と捉えるから性別のフィルターがない

男性がジムに躍起になっていると、「まあ男だもんね」「男って、なんであんなに筋肉ばっかり求めるんだろう」なんていう意見が多いと思います。

人とは、少なからず相手を男性として、女性としてみてしまうもので、「男性だから」「女性だから」と理由をつけてしまいがちです。

しかし、Xジェンダーは性に対する認識が希薄であるからこそ、「ストイックなんだ」「体が引き締まっていていいな」とフラットに捉え、その人の個性として見ることができると感じています。

逆に、よく泣く男性がいれば「女々しい」「気持ち悪い」なんて思ってしまう人もいると思いますが、「男は泣かないもの」という前提が頭にないため、あくまでもそういう性格くらいにしか捉えません。

「男性だから」「女性だから」と先入観にとらわれて見えなくなりがちなその人の個性が、Xジェンダーはとても見えてきやすいのかなと思います。

(3)マイノリティに対しても比較的フラットに見ることができる

マイノリティ同士理解があるのかといえば、どうしても他のマイノリティに関してはわからない部分が多いのも事実。

例えば、差別的でないにしても、ゲイセクシャルの人が「へえ、レズビアンの人も同じなのね」と感想を溢すことなどといったことはあることです。

Xジェンダーは、「男性だから恋愛相手は女性であるべき」と思いませんし、「男性同士だからこう」といった思い込みも少ないのではないかと感じます。

経験知識不足によって、理解しきれない部分もあると思いますが、話を聞けば「あなたはそうなのね」と捉えることができますし、よくある事例として紹介されれば「このマイノリティだとこういうことが多いのね。社会的にこういう見方がされるからかしら?」と考えがちに思います。

 

【3】まとめ

もちろん私の大雑把な本質も大きな要因だと思われますが、私は男性でも女性でもない無性だからか、生物学的に女性であるにも関わらず、お化粧に無頓着だったりと「もったいない」と言われることもあるので、きっとマイナス面もあるのでしょう。

しかし、Xジェンダーだからできる見方など、ポジティブな面も確かに存在しますし、マイノリティだからといって隠そうとしたり、罪悪感を感じる必要はないのではないかと思っています。

(Amy/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です