レズビアン(同性愛)カップルの関係が長続きするポイントとは?

レズビアン(同性愛)カップルの関係が長続きするポイントとは?

将来、大好きな彼女と一緒に人生を歩んでいけたら最高だな…と考えたことはありませんか?彼女と楽しい時間を過ごしていると、「彼女となら相性が良いし、お婆ちゃんになっても関係を続けられる自信がある」と感じることでしょう。

しかし、一緒にいる時間が長ければ長いほど、相手の嫌な面が見えてきて、別れたくなることがあります。たとえ、どんなに仲が良いカップルでも、いつの間にか別れたい気持ちが強くなっていたなんてことも。また、女同士であると、結婚に関する問題が出てくる為、共に人生を歩むことを諦めてしまうこともあります。

彼女と長続きする為には、相手との距離感が上手く取れていて、かつ2人にとって生きやすい環境で暮らせるかどうかが重要となります。具体的にレズビアンカップルが長続きする方法について、解説していきます。

【1】 長く関係が続いているレズビアンカップルの特徴

実際、長続きしているレズビアンカップルには、2人で生きやすい環境で生活できているという特徴があります。

人は、一緒にいてリラックスできる環境でなければ、嫌だなと感じ、別れてしまう可能性があります。では、実際どのような点に気をつければ、お互いが気持ちよく一緒に居られるのか解説します。

(1) 干渉しすぎない

自分の行動を監視されていると、誰もがストレスに感じますよね。もしも、彼女が浮気をしていないかどうか気になったとしても、まるで探偵のように追いかけ回しては、彼女も疲れてしまいます。

お互いのスマホは見ないなど、2人のルールを決めておけば、楽になります。すべてを信頼するのは難しいですが、なるべく相手を信頼する方向で、干渉しすぎないようにしましょう。

(2)周りに対して閉鎖的にならない

2人の関係を隠しながら生きているレズビアンカップルにとっては、今後も誰にも知られずに、人生を共に歩めたらと考えていることでしょう。

しかし、生涯ずっと隠し続けていたら、いつかは生きづらさを感じる時が来ます。生きにくいと感じれば、2人で将来を歩んでいくことに苦痛を感じて、別れてしまうことも考えられます。

2人だけで生活していくといっても、いつかは友人や家族など周りの力を借りる場面が出てきます。周りに対して、付き合っていることをオープンに伝えていれば、周りも理解した上で接してくれます。

理解があるだけでも、モチベーションが変わってくる為、2人にとっても生きやすくなり、長く関係を築いていけることでしょう。

(3)相手の長所を見るようにする

一緒にいると、つい相手の悪いところばかり見てしまいますよね。しかし、短所がない人間なんていませんし、いちいち短所を気にしていては誰と付き合っても長く続きません。

大切にしたい彼女であるからこそ、長所を見るようにしましょう。「彼女の、ここが好きだから一緒にいて幸せ」と思えることができれば、これからも長く一緒に居られます。

もちろん、人によって合う・合わないはありますので、短所がどうしても受け入れられない時は、無理せず別れることをおすすめします。

【2】レズビアンカップルでも相性が合えば一生一緒に暮らせる

レズビアンカップルは、結婚できない・赤ちゃんが作れないなど、共に暮らしていく為には問題があります。

問題にぶつかると、一緒にいることを諦めてしまいそうになりますが、相性さえ合えば一生一緒に暮らせると言っても過言ではありません。

生涯を共にする相手は、男女だから上手くいく・同性だから上手くいくという概念はない為、お互いが居心地よく暮らしていけるのであればお年寄りになっても一緒に居られます。

【3】まとめ

まだまだ、一緒に生活を共にしているレズビアンカップルは少ないのが現状としてあります。彼女と長続きせず、別れてしまい、結局独り身で生きていくこともありえます。

長続きしない理由としては、単純に2人の相性が合わなかったことも考えられますが、お互いが生きにくい環境に居たことも理由として考えられます。

彼女と将来一緒に生きていきていく為には、今一度2人の環境を見つめ直してみましょう。

(かりん/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です