坂口杏里…元カレに「タクシー代を返して」というもドアに挟まれる

坂口杏里さん(28)が、タクシー代を返してもらおうと元カレのもとに行ったところ、彼によってけがを負ったそうです。

 

【1】タクシー代の返済を要求し負傷

坂口さんは、元カレにタクシー代を返してもらおうと彼の部屋の前に行ったところ、ドアに指を挟まれて負傷してしまったそうです。

『Instagram』には、赤黒い線の入った切り傷から、血が流れ出ている写真を投稿。「私が悪いと言われたのですがタクシー代返して頂くことは何も悪くないので、とりあえず痛かったのと血まみれにされてしまいました。あと腫れが凄まじいです」と綴りました。

該当の投稿は、現在削除されています。

 

【2】ファンからの反応は?

ひどい怪我の様子を見て、ファンも心配した様子。

「痛そう」「大丈夫ですか?」と心配の声が寄せられました。

その一方で、男女関係のゆるさや、かまってちゃん行動に呆れた様子のコメントも見受けられます。

 

【3】まとめ

坂口さんの話だけでは、タクシー代もケチるような男性なのか、理由をつけて家に上がろうとした坂口さんに対して、防衛でドアを閉めて怪我をしてしまったのかよくわかりませんね…。

坂口さんは、これまでも多く男性から怪我を負わされたようなエピソードがあります。

なんにしても、男女関係の拗れから怪我をすることはもうありませんように。

 

続報……

坂口さんが上記の件で逮捕に。元カレとタクシーに乗っており、帰宅する男性を追いかけてマンション内に侵入した疑いが持たれています。取り調べに対しては、「納得できない」と話しているとのこと。

なぜ同じタクシーに乗っていたのでしょうか……? 

続報2……

1日、坂口杏里さんが『YouTube』を開設。謝罪の気持ちを語りました。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。