成田凌、高校時代の恋愛事情を暴露「好きでよかった」「最高ですね……」

成田凌が高校時代の恋愛事情を暴露

俳優の成田凌さんが、『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)で高校時代の恋愛事情を明らかにしました。

 

【1】今も何してるか気になる人…

学生時代をともに過ごしてきた同級生は思い出深いものがありますが、番組でも気になる同級生を調査する企画が組まれていました。

成田凌さんは、「めっちゃ気になる人がいる」と女性の名前を回答。

成田さんが高校1年生の時から、高校の最後まで付き合っていた彼女ながいましたが、他の女の子と話していると熱烈に怒られたそうで、「ほとんど女の子と喋らない高校3年間を過ごしてしまった」とのこと。

名前にあげた女性も、そのため話す機会はなく、同級生の男子たちと噂話をする程度のことだったそう。つまり学校でありがちな高嶺の花…。

 

【2】成田さんがその女性に惹かれた理由

その女性は、同時文化祭でYUIの楽曲をカバーしていたそうで、「それが熱烈に可愛くて」と回顧。先頭でムービーを撮るほどの熱烈ぶりだったようです。

また、高嶺の花であるその子のバイト先には、同級生たちも押し寄せた様子。今も高校時代の友人たちと集まると、彼女の話題になるそうです。

そこで番組では高嶺の花の彼女に取材。今は小学校教諭として勤務し、既婚者であることがわかりました。ですが、成田さんは当時の面影を見て感動。「あのときの僕たちが思っていたことは間違えじゃなかった」と今も“マドンナ”であることを話しました。

余韻に浸っているようで、「好きでよかった」「最高ですね……」など素直な思いをこぼしています。

 

【3】まとめ

たとえ今は恋愛感情がなくとも、青春の頃の恋愛や恋心が忘れられない男性はたくさんいるのではないでしょうか。

だからこそ、再開は果たさない方がいいという意見もありますが、成田さんの場合に、さらに素敵な思い出となったことでしょう。素敵です。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。