ゲイセクシャルのルームシェア生活 メリット・デメリットは?

最近は、ルームシェア用の物件が多くなってきています。新生活を始める人は興味を持っているかもしれませんね。

ゲイ男性もルームシェア用の物件を利用している人がいますが、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

【1】「ゲイのルームシェア」メリット

ゲイセクシャルのルームシェアで感じたメリットは以下の3つです。

(1)新しい出会い

ゲイ男性がルームシェアをするメリットは、新しい出会いの機会が増えやすいことです。

ルームシェアをしていると、同居人と接するのはもちろんですが、同居人の友人等と知り合う機会がでてくることがあります。

例えば、ゲイ男性の中にはホームパーティ等の人数の多い集まりを好む人もいて、ルームシェアをしている同居人にパーティへ招待されることもあるようです。

(2)家賃

ルームシェアをすると、家賃が通常の物件より安く収まることが多くあります。

少ない家賃で、広い家に住めるのもメリットの一つです。

(3)人がいる安心感

当然ですが、ルームシェアをする以上、自分以外の人が常にいます。

体調が悪い時や災害時などに一人ではない安心感が得られます。

「ゲイのルームシェア」メリット

【2】「ゲイのルームシェア」デメリット

次に、僕が感じたゲイセクシャルのデメリット3つです。

(1) 騒音

ルームシェアをすると、自分以外の人と生活を共にするので、生活音や同居人の友人の来客で「音」が気になる場面が出てくることがあります。

また、生活リズムが異なる人とルームシェアをすると、普段なら気にならないような生活音にも敏感になってしまうので、予め、どのような人とルームシェアをするのか把握しておく必要があります。

(2) 家賃の変動

ルームシェアで家賃が安くなることもありますが、物件によっては、住んでいる人の人数が減ると家賃の負担が増える場合があります。

また、オーナーがゲイ男性の場合、オーナーの好みで家賃の割り振りが変わることもあるので要注意です。

(3)盗難

部屋ごとに鍵がついている場合もありますが、盗難の危険もあります。

同居人の来客などで、自分の知り合いではない人が家に来る機会が出てくるので注意が必要です。

「ゲイのルームシェア」デメリット

【3】まとめ

ゲイ男性のルームシェア生活は、メリットもたくさんありますが、デメリットも同様にあります。

特に、オーナーのゲイ男性と同居するケースでは、折り合いが悪くなると居心地がとても悪くなります。

また、家を去る時にも余計な気を使わなくてはなりません。

ルームシェアを検討する時には、メリットに目を向けるのは当然ですが、デメリットも考慮してから契約を決断しましょう。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る