三浦春馬が30歳を目前にして恋愛の悩みを吐露「臆病になってます」

三浦春馬さん(29)が、『人生最高のレストラン』(TBS系)で恋愛の悩みを吐露しました。

 

【1】昔はグイグイいけていた

若い頃は、なにも考えずに好きな子へストレートにアプローチできていたという三浦さん。

『人生最高のレストラン』(TBS系)では、30代を目前にして、恋愛にひどく臆病になってしまったことが告白されました。

何か心境の変化があったのでしょうか……。

 

【2】30代を目前にして抱える恋の悩み

“本当にいいな”と思った子に全然いけなくなったという30代目前の三浦さんは、「パスとトスを出して欲しい」と一人では恋のアプローチも難しくなっている様子。

その上、歳の差があることまで気になってしまっているのだとか。番組内でこう言った考えに至った経緯が語られていませんが、結婚等を意識する年齢になってきたことも要因となっているのでしょうか?

番組内で「みなさん、どれくらい離れた方とお付き合いしたことがありますか?」と質問するほど、かなり真剣な悩みのようで、出演者の話に熱心に耳を傾けていました。

 

【3】まとめ

傷つく恋をしたり、保守的な恋愛を望むようになると臆病になってしまうと筆者自身の経験で感じています。

深く追求するのは良くありませんが、三浦さんのプライベートな事情が少々気になるところですね。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。