恋愛結婚じゃないと厳しい一面も…心が折れてしまうパターン3つ

婚活で心が折れるパターン3つ

最近は恋愛で時間を使いたくない人、そもそも恋愛する時間のない人、恋愛相手が見つかるような環境にいない人などが、結婚を意識するようになって婚活をするようになることが多いように感じます。

しかし、なかなか婚活というのは厳しく、心が折れてしまうこともあります。今回は3つのパターンをご紹介します。

 

【1】婚活は結婚までの道のりは厳しい?

結婚は縁とは言いますが、相手との運命的出会いにたどり着くまでの道のりが、とかく長く険しいことがあります。

ゴールまで歩ききるには、山あり谷あり。途中に挫折をしないよう、結婚するという信念は貫き通したいもの。

今回は来るべき衝撃を身構えるべく、注意すべき点においてご紹介してみることにします。

 

【2】衝撃に耐えよ…! 婚活で心が折れるパターン3つ

婚活をしていると、多くの場面で心が折れそうになります。ですが、そこを乗り越えなければ結婚に至ることは困難でしょう。

あらかじめ把握して心の準備をしておくためにも、心が折れやすいパターンは把握しておきたいところ。今回は3つご紹介します。

(1)周りの心無い一言

自分の親ならまだしも、なぜ他人からわざわざ指摘されないといけないのかと思うようなことがあります。

例えば、会社の後輩に「BBA」扱いされたり、女性の上司から「嫁には向かないね!」なんて言われたり。お年頃だからこそ、グサっときます。

でも、他人にそんな意地悪なことを言うことができるなんて、本人も本当の意味で幸せではないのでしょう。BBAでも嫁には向かなくても、結婚するときはするのです。

ただ一言に執着しても、いい運命は巡ってはきません。行く手を阻む発言にはスルーをすることが大事です。

(2)婚活で出会った人にフラれたとき

婚活で出会って、3回目のデート。「今日告られるのかな?」なんて期待していたら、相手から「真剣におつきあいしたい人ができたので、これ以上お会いすることはできません」とフラれることがあります。

ショックを通り過ぎて、呆れてしまいますよね。他人事と思ったあなたも、婚活をしていればこう言う場面に出くわすことがあるかもしれません。

でも、そもそも、ここまで噛み合わない相手と言うのは、絶対に相性悪いです。実際におつきあいして、そのうち判明するより、今わかったほうがむしろ良かったと言えるものです。

(3)友人が婚活で先に成婚した

一緒に婚活をしていた友達が、結婚してしまった。最後の砦だった彼女も、ついにいなくなってしまい、私一人に。おまけに結婚式の受付や幹事まで頼まれたりしてなんとも惨めな気分。

ここで、『私も結婚!』と自分を奮い立たせることができるならOKですが、そうは強くはないのが人というもの。でも、結婚って縁なので、縁が巡ってこない限りは、残念ながら結婚には至りません。

逆に努力してなくても、年取っても、運命の人に出会いさえすれば結婚することになる。自分は自分の人生を生きるしかありません。そして、あまり周りの幸せだけを真に受けないことです。私たちが見えているのは、その人たちのほんのわずかな一面に過ぎません。

 

【3】まとめ

結婚するときは自然の成り行きとしても、自分で運命の糸をたぐり寄せるのが、実は婚活なのかもしれません。

その糸の先が見えるまで、長く険しくても、心折れずしていられるか?修行のような辛い道のりの先には、きっと明るい未来が待っています。

(中村ハルカ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る